みんなの相続Q&A - 相続に関する質問です

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ç›¸ç¶šã«é–¢ã™ã‚‹è³ªå•ã§ã™

キーワード

相続 不動産の相続 生命保険金・各種保険等 相続権と相続順位 土地の名義変更 代襲相続

相続に関する質問です

祖母が先月亡くなりました。少しの貯金と祖母が孫にかけていた生命保険、賃貸用のアパートを所有していました。

祖母とは同居しており、同居前にも月に一度は遊びに行く関係でした。

母方の祖母に当たるのですが、母にすでに亡くなった弟がおり、孫も4名いるとのことです。
ただ、20年ほど前に弟が祖母の所有する土地の名義を書き換えたなどで、絶縁状態になり、一切交流はありません。弟が亡くなった時も、その妻が墓に入れてほしいと頼みに来たそうですが、祖母は縁を切っているので墓にはいれないとすごい剣幕だったそうです。

生前から祖母が亡くなってもその弟には一銭もやりたくない、と祖母の姉妹や私たちに事あるごとに言っていました。

また、弟の妻はその子どもたちを認知してほしい、と祖母にお願いもしていたそうです。(状況はよくわかりませんが)
あちらの孫や弟の奥さん、母の弟とは会ったこともありません。

生命保険の解約やアパート名義の件などについて、祖母の弟に権利があり、それがその子供に引き継ぐのであれば、このような状況であっても、その孫に権利は行くのでしょうか。

やはり、弁護士さんなどに相談すべき内容でしょうか。

質問者ちょこ さん 質問日2009年11月24日

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2009年11月25日

先ず、絶縁とか言っても、現在の法律では親子の法的関係は、切ることが出来ません。したがって、あなたの母の弟は、祖母の相続人となります。その弟が、祖母よりも前に亡くなっていたときは、その子供が代襲相続します。祖母の相続人は、あなたのお母さんと弟の子供達ということになります。(他に子が居れば、その人も相続人)したがって、遺産は、相続人間で話し合って分割するべきです。
法定の相続分は、祖母の子は各自均等です。代襲相続人達は、弟の相続分を均等に分け合うことになります。(弟の相続分が1/2で、その子が2人だとすると、各1/4ずつとなる。)
不動産は共有にするか、売却してその代金を分けることも出来ます。生命保険は、受取人が個人的に指定されていれば、遺産ではなく、その人のものです。そうでなければ、保険金を分けるということになります。
遺産は、必ずしも法定相続分どおりに分ける必要はなく、相続人間の協議で決めることも出来ます。

弁護士 山城 昌巳

弁護士の回答

小堀球美子法律事務所
専門家小堀球美子法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年11月24日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

祖母より先に弟が死亡していたときには、その孫たちが代襲相続人となり相続権を持ちます。ただ、弟が土地の名義書換などしてそれをもらい受けていたのなら、特別受益として考慮されます。また、生命保険については、受取人の固有の権利なので、必ずしも相続財産にはなりません。やはり弁護士に依頼されることをお勧めします。

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年11月24日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 祖父が既に亡くなっているとすれば、祖母の相続人はお母様と先に亡くなったお母様の弟の子供4人ですから、5人で話し合って祖母の財産を分けることになります。
 話し合いがつかなければ法定相続分で分けることになるでしょうが、その場合の相続分はお母様が1/2, お母様の弟の子供達が1/8づつということになります
 生命保険金は保険契約によって受取人が決められていますので、契約上の受取人が受け取ります。
 その他の不動産等は5人で話し合って合意すれば自由に分けられます。
 税理士 高山秀三

専門家の回答

相続相談ステーション
専門家相続相談ステーション(過去掲載の専門家)
回答日2009年11月29日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

相続相談ステーションの毛利と申します。

まず、相続人ですがちょこ様のお母様と
叔父様の4人のお子様の合計5人です。
そして、相続分は下記のとおりとなります。

■ちょこ様のお母様・・・1/2
■叔父様のお子様・・・それぞれ1/8ずつ

生命保険金の保険金請求権は受取人が指定されている場合
受取人の固有の権利となり遺産分割の対象外です。
これは、保険金の請求権が保険契約に
基づくものだからです。
ご質問文中の生命保険の解約というのはよくわかりませんが
受取人の「孫」というのは叔父様のお子様のことでしょうか?
特定の相続人のみが受取人の場合、
特別受益として扱われるケースがございます。
土地の名義変更や保険金の解約、保険金の受取人など
詳細はわかりませんが、いずれにせよ5人で遺産分割協議を
行わなければなりません。
その際に、まずはちょこ様のお母様のご希望を伝えてみてはいかがでしょうか?
もちろん争いは避けなければなりませんので
あくまでもご希望を伝えるだけであり、
感情的にならないように注意する必要があるかと思います。
話をしてみなければわからないと思いますので
それでも相手方が納得しないような場合に
専門家へのご相談や調停等を考えてみては
よろしいのではないでしょうか。

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

祖母に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する