みんなの相続Q&A - 相続放棄の方法について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ç›¸ç¶šæ”¾æ£„の方法について

キーワード

遺留分 相続の対策と準備 相続放棄

相談窓口

相続放棄の方法について

こんにちは

相続放棄に関して、質問をさせて下さい。
よろしくお願い致します。
とても簡潔に書かせて頂きます。

私(32歳、兄弟なし)の両親は離婚しており、
どちらにもそれなりの資産があるみたいです。
(私は父側についています)
私は、両親のことを幼い頃から今に至るまで尊敬出来ることはなく、
今でも数年に一度しか電話で話をすることが無い状態です。(父のみ)

両親の遺産をどうしても受け取りたくないのですが、
その方法についてネットで検索をしたりしたら、
両親が生きている間には、遺産相続の破棄の手続きは出来ないことを知りました。

私としては、生きている間に(今すぐにでも)法的に相続が出来ない様にしたく思っております。
それは無理なのでしょうか?

弁護士を通じて意思表示の書類を作ってもらうくらいしか無いのでしょうか?

どうぞよろしくお願い致します。

質問者とり さん 質問日2008年5月30日

弁護士の回答

塩澤法律事務所
専門家塩澤法律事務所
回答日2008年5月30日

生前に相続の放棄を行うことはできませんが、
遺留分の放棄はできます。
①家庭裁判所に、遺留分の放棄の許可の申請をし、許可が出たら、②その許可の証明書と遺産を相続しない旨を両親に伝える、という方法で、両親に貴殿の意思は伝わると思います。
もっとも、亡くなったあとに、相続放棄の手続きは必要です。

行政書士の回答

行政書士オフィスぽらいと
専門家行政書士オフィスぽらいと(過去掲載の専門家)
回答日2008年5月30日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

こんにちは。行政書士の財間と申します。

ご両親が生きている間に、財産を相続放棄することはできません。

たぶん、親子の縁を切りたいのだとお察ししますが、現在の法律ではそれをする術がありません。

相続人には、遺留分という最低限の相続分があるのですが、これについてはご両親が生きている間に放棄することができます。

ただ、遺留分を放棄していても、ご両親が亡くなったときに、あらためて相続放棄の手続きをしなければいけません。

遺留分の放棄も、相続の放棄も家庭裁判所に行って、申述書を書くことになります。

今の時点で遺留分の放棄までやってもよいのですが、同じような手続きを2回もするよりは、お亡くなりになったときに、相続放棄されたほうがいいような気がします。

相談窓口

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

破棄に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する

相談窓口