みんなの相続Q&A - 家土地相続と贈与とどちらがよいか

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > å®¶åœŸåœ°ç›¸ç¶šã¨è´ˆä¸Žã¨ã©ã¡ã‚‰ãŒã‚ˆã„か

キーワード

相続 相続税対策 相続税 不動産の相続 贈与税 不動産の売却 譲渡所得と所得税 贈与・生前贈与 土地の名義変更

家土地相続と贈与とどちらがよいか

家と土地は生前に子どもに名義を変更したほうが良いのかそれとも死んでからの贈与のほうが良いのかどちらのほうが税金が安くなるのか教えてください、もしくは、安い金額で売買(子どもと)したほうが良いのでしょうか?

質問者やっちん さん 質問日2009年11月9日

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2009年11月11日

税金の観点からは、一般論では相続で取得された方が安くなる傾向があると思います。
但し、相続発生時において、遺産の総額が基礎控除(5000万円+1000万円×法定相続人の数)の枠内であれば、相続時精算課税制度を利用して生前に贈与されていても、結果的に税額は発生しません。
親子間で安く売買しても、結果的に売買金額は適正な時価で計算しますので、子から親への資金負担の問題と、親での譲渡所得税の問題は発生すると思いますので、あまりお勧めできません。

弁護士 山城 昌巳

専門家の回答

相続相談ステーション
専門家相続相談ステーション(過去掲載の専門家)
回答日2009年11月9日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

相続相談ステーションの毛利と申します。

やっちん様のご質問の件ですが、
相続が発生した場合の相続財産がどの位あるのか、
及び相続人が何名いて、遺産争いの可能性があるのか等
詳しい事情がわかりませんので一般的な回答を
させて頂きます。

結論から言えば、相続時に名義変更した方がよいと思います。

その理由としては、
①売買、贈与よりも登録免許税の税率が低い
②売買、贈与では場合により不動産取得税がかかりますが、相続ではかからない
という点にございます。

従って、目安として5000万円+1000万円×法定相続人の数
により求められる金額より相続財産が少ないようであれば
相続税はかかりませんし、当該不動産の相続につき、
他の共同相続人ともめる要素がないようであれば
相続時に名義変更をするのがよいかと思います。

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年11月9日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 相続人の構成や遺産額の総額などがわかりませんので、一般論として回答します。
 税額の点から言えば、相続で取得させた方が税金が安いか、無税でしょう。
 売買するには時価で売買しなければなりませんので、子供さんには資金が必要であり、親ごさんには譲渡所得税がかかりますので得策ではないでしょう。
 なお、特定の子に確実に渡したたいという意味のお尋ねであれば、遺言書をお書きになることです。
 税理士 高山秀三

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

贈与に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する