みんなの相続Q&A - たんす預金の所有者は

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ãŸã‚“す預金の所有者は

キーワード

相続 遺産分割 相続の対策と準備 成年後見人・任意後見人 相続財産 財産目録 銀行預金

たんす預金の所有者は

両親がほぼ同時に認知症となったため、ただ一人の息子である私が、成年後見制度を利用し、すでに両親の保佐人となる審判が出ています。

父母は、すでに「老人ホーム」に入居させています。

現在、裁判所に提出する「財産目録」を作成中ですが、個人名義の預金以外に、いわゆる「たんす預金」が多額に出てきましたが、そのたんす預金が、父母どちらの資産なのか全くわかりません。(もちろん両親は答えられる状態ではありません。)

父母とも各々個人名義の不動産を所有しているため、ともにその賃貸収入あります。

収入額に差はありますが、家計は一緒にしております。

このような場合、その現金の分割は一般的にどのように判断するのでしょうか?

合理的な判断が困難な場合、単純に折半でも良いでしょうか?

いずれ、相続の対象になる現金でもありますので
相談する次第です。

質問者問題山積 さん 質問日2009年11月2日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2009年11月2日

それでいいんじゃないでしょうか。
裁判所に確認しても,そうなるんじゃない
ですか。

(参考)
1 夫婦のいずれに属するか明らかでない財産は,
その共有に属するものと推定する(民762Ⅱ)
2 各共有者の持分は,相等しいものと推定する
(民250)

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2009年11月5日

たんす貯金が、父母どちらのものか不明の場合、それが現実ですから、保佐人として財産目録を作成するについては、事実のとおり、父母いずれのものか不明としておくべきかと思います。あえて、分割(折半を含む)する必要もないと思われます。
ただ、相続が開始されたとき、相続税を課税するに当たり、どちらが、どれだけかということが問題になるでしょう。その場合、先に亡くなった方を少なくすれば、相続税も少なくて済みますが、多く残した方が亡くなられたときは、その金額に税金がかかってくるので、どういう分割しても、最終的には、相続税は同じことになるので、税務署に、分割の比率については、相談すれば柔軟に対応してくれるでしょう。

弁護士 山城 昌巳

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年11月2日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

両親の資金が混同しており、他に判別する資料がないときは、ご両親の収入の比によって按分することも合理的かと考えられます。
 過去の申告事績等から判断できるでしょう。
 税理士 高山秀三

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

相続に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する