みんなの相続Q&A - 土地・建物分割の長男の分割時の権利

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > åœŸåœ°ãƒ»å»ºç‰©åˆ†å‰²ã®é•·ç”·ã®åˆ†å‰²æ™‚の権利

キーワード

相続 遺産分割 遺言と遺言書 不動産の相続 遺産相続の割合 相続権と相続順位

土地・建物分割の長男の分割時の権利

よくある質問かもしれませんが、すみません。

先日、祖父が亡くなり遺産相続をすることになったのですが、長男が1人で分割の割合などを税理士さんと決めていこうとしています。

マンションなどが数件あり、現金もあります。祖母も生きていますので、長男が同居していますが、7年前からですが、それまでは、私たちが面倒を見ていました。

私の父は亡くなっていますので、私に相続されるのですが、「祖母が亡くなったときは、相続を拒否します」という様な文書まで書かされそうになっています。

この場合は、長男が私たちより多く相続できるようになってしまうのでしょうか?

質問者翼 さん 質問日2009年10月24日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2009年10月24日

分割の割合は法律で決まってますから
勝手に決めることはできません。
長男らに、いいようにされるのを心配
されるようでしたら代理人でも立たら
いいでしょう。

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2009年10月26日

亡くなられた祖父の相続人は、配偶者(祖母)とその子供達ですが、御質問からは、相続人は、祖母、長男、そしてあなたの3人ということですね。
そうすると、法定相続分は祖母1/2、長男1/4、あなた1/4となります。ですから、長男の方が1人で配分を決めることは出来ません。
また、長男は、「祖母が亡くなったときは、相続を拒否します。」というような文書を強制することも出来ません。長男にそんな権利はなく、強要すれば刑法上の強要罪に該当します。(刑§233)
現代の民法では、長男が例え祖父と同居していても、相続分が多くなるということはありません。
あなたのお父さんは次男だったのでしょうが、相続権は長男と同等ですから、長男の言いなりには決してならないようがんばって下さい。

弁護士 山城 昌巳

司法書士の回答

司法書士いがり事務所
専門家司法書士いがり事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年10月25日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

「祖母が亡くなったときは、相続を拒否します」という様な文書は、法律的には祖母様の相続に関する相続放棄の意思表示なのでしょうが、相続開始前の相続放棄は無効ですので、無効になります。
ただし、このような書類にはサインすべきではないでしょう。

祖父様の相続につき、長男さんと翼様とは、ともに相続人であり対等な立場ですから、
長男さんが勝手に多くの財産を相続することはできません。
相続人全員の遺産分割協議によって、それぞれの取り分を決めるのが一般的な解決になります。

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年10月26日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

遺産の相続割合は相続人全員の合意によって決まるのですから、長男と相続人でない税理士とでは決められません。
 長男の作った遺産の分割案に賛成できないときはその旨を伝えて分割案をそれぞれ出し合って合意点を見つけることです。
 祖母の相続のときに相続放棄するという内容の文書を書かせるということはできませんし、あったとしても無効です。ただ、祖母の生前に自分の意思で遺留分を放棄することもできますが、そのときは家庭裁判所の許可が要りますので、普通そのようあことはありえません。
 祖父、祖母の相続について、相続の都度よく話しあって合意し、お互いに納得した上で決めてください。
 税理士 高山秀三
 

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

税理士に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する