みんなの相続Q&A - 遺産相続

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > éºç”£ç›¸ç¶š

キーワード

相続 不動産の相続 手続き 銀行預金 相続権と相続順位 生命保険金・各種保険等

遺産相続

初めまして。
先日、同居の母がなくなり、遺産相続の件で兄と揉めています。兄は離婚した父の籍にはいっており、子供ころから母と同居もしていないし、病に臥してから母の介護をしていたのはもちろん私ですので、母の考えでは、遺産はすべて私に渡る(離婚により兄弟の籍が別々になったので自動的にそうなると思っていたようです。だから遺書も用意していません)とのことでした。ちなみに離婚した父に聞いたところ、同じ考えでした。

ただ、兄はお金に困っているということもあり、母の死後、急に遺産に興味を持ち、法律上相続の権利があるから半分欲しい、と私に言ってきています。遺産といっても田舎住まいの母子家庭なので、土地と建物(揉めることを案じた母が、亡くなる直前に私に生前贈与をしています)、少しの預貯金、生命保険、私的年金のみで、そんなに大きい額ではありません。

兄は、父が亡くなった場合には同じように分割して遺産を渡すから、と私を説得しようとしていますが、正直、離婚した父の遺産を欲しいと派思いません。それよりも、財産を私に残そうとした母の気持ちを尊重したい気持ちです。

私としては、預貯金、生命保険、私的年金の合計の半分を渡そうかなと思っていますが、それで納得するかどうか分かりません。

金額が大きくないので、法的処置をとってくるようなことはないと思いますが、穏便に済ませる方法はないでしょうか?

質問者くるり さん 質問日2009年10月21日

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2009年10月22日

お母さんの財産のうち、土地建物は、あなたが生前贈与を受けており、他に、預貯金、生命保険、私的年金があるということですが、遺産分割にあたり、2つ問題があります。
1つは生前贈与です。これは、特別受益となる可能性が高く、そうすると、遺産分割する際、その金額を遺産として算入することになります。(民§903)
もう1つは、生命保険ですが、これは、受取人があなたなら遺産ではなく、あなた固有のものとなります。(受取人が本人のお母さんであるときは遺産となります。)
私的年金も死亡時に保険金が支払われるものであれば、上述の生命保険と同様です。
遺産分割を穏便に済ませる方法というものは特にありませんが、お互いの立場を尊重しつつ、誠意をもって話し合うことです。

弁護士 山城 昌巳

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年10月23日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 生命保険金は受取人が保険契約で指定れていると思いますので、その人の取得となります。受取人以外の人に分ける必要はありません。
 契約で、受取人の指定がないか、単に相続人となっているときは、均等に分けることになります。
 私的年金も契約上の受取人は誰になっているか確認してください。
 そうすると分ける対象になるのは預貯金かと思います。但し、法的に争うことになったときは生前に貴方が貰った不動産は特別受益になりますので、不動産を相続財産に含めて計算することになります。そうすると、貴方が受け取った保険金等を代償財産としてお兄さんにいくらか支払うことにして決着することになるかもしれません。同居や介護の苦労、費用などを主張し少しでも多くしてもらうよう交渉することでしょう。
 お父様の相続のときには貴方にも同じ権利がありますので、堂々と主張して財産を取得されるのがいいでしょう。遺産の取得を主張しない云々ということは口約束になりますので、それを言うのはいいことではありません。
 税理士 高山秀三

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

預貯金に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する