みんなの相続Q&A - 不動産売却

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ä¸å‹•ç”£å£²å´

キーワード

相続 不動産の相続 負債・借金 手続き 不動産の売却 海外在住者・外国人

不動産売却

初めて質問させて頂きます。宜しくお願い致します。

父が亡くなり母一人になったので、実家(一軒家)を売却し、残りの住宅ローンを返済したいと考えています(残金はそれほど多額ではありません)。名義は両親と祖母3人になっているのですが、まだ変更しておらず相続手続きも終わっていません。この様な状況でも、不動産を売りに出すことはできるのでしょうか?

私は現在海外在住なのですが、来春には帰国予定なので、母は私が帰国してから一気に相続と売却の手続きをしようと考えている様です。それまでに家の買い手だけ先に見つけておこうとの事なのですが、可能なのでしょうか?
名義を母に変更するなりしないと売りに出せないと聞いたことがあったので、質問させて頂きました。

相続とは少しずれるかもしれませんが、宜しくお願い致します。

質問者きなこ さん 質問日2009年10月13日

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2009年10月14日

売りに出す家の所有者全員が、売却しようとするなら、名義は、そのままでも買主を見つけてもらう(売りに出す)ことは可能です。お父さん名義の部分は、その相続人は、お母さんとあなたです。(但し、他にも子供がいればその人も相続人)仲介業者に、その旨言って、売りに出すようにすれば、大丈夫です。
買主が決まれば、所有権移転登記をするのですが、そのときに、相続の登記をすることになります。順序としては、相続登記後に所有権移転登記となるのですが、実務的には、同時にすることもあります。
ところで、あなたは海外在住とのことですが、日本に印鑑登録していないとすれば、お母さんの住所に登録しておいた方が良いでしょう。所有権移転(売買)登記のときに、印鑑証明書が必要ですから。

弁護士 山城 昌巳

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年10月14日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 まず、祖母名義、父親名義の部分は遺産分割協議で相続人を決め、名義変更する相続手続きが必要です。
 祖母の相続については祖母の相続人、父の相続については父の相続人で遺産分割協議が必要です。(相続から時間が経っていると相続人にも変動がある場合が多く、複雑になり手数がかかります。)
 引渡しまでに相続手続きを終わらせるという条件で買い手を捜すことはできますが、売り人が決まっていませんので契約までは進めることはできません。
 税理士 高山秀三

司法書士の回答

司法書士いがり事務所
専門家司法書士いがり事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年10月25日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

不動産を売却するに当たっては、
前提として相続登記が必要です。
家の買い手だけ探しておくこと自体は可能ですが、
売買決済時までには相続登記をしておくべきでしょう。

お近くの司法書士にご相談されることをお勧めします。

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

相続に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する