みんなの相続Q&A - 相続放棄した人が受け取った生命保険について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ç›¸ç¶šæ”¾æ£„した人が受け取った生命保険について

キーワード

相続 相続税 相続放棄 生命保険金・各種保険等 相続税の遅滞延滞金

相続放棄した人が受け取った生命保険について

父が亡くなり、債務が多かったので相続放棄しました。
一方で、父が被保険者で父が支払っていた保険を受け取ったので、その分については税金がかかると聞き、税務署に行って指導を受け税金を納めました。
その後、何年かたって、突然税務署に「他にも保険金を受け取った人がいるので、追加の税金とペナルティーと延滞税がかかります」との連絡。
理不尽に思うのですが、税法上どういう仕組みになっているのか教えてください。
こちらは何の悪意もなく、ちゃんと税金を納めていると思っていたので、追加になる理由も延滞税も納得いきません。

質問者きりん さん 質問日2009年10月6日

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2009年10月7日

生命保険金は、受取人が被相続人であるときは、相続財産となりますが、受取人が配偶者や子供となっているときは、民法上は相続財産とは認められていません。
但し、税法(相続税法§3)では、「みなし相続財産」とされ、課税されます。相続放棄した人は、遺贈されたものとみなされ、同じく課税されます。「他にも保険金を受け取った人がいる」ということであれば、あなたの場合と同様に、その人は課税されます。
「こちらは何の悪意もなく」とは、その人は受け取った人ですか?一つの保険金の一部をあなたが受け取り、他の人もまた、一部を受け取ったということですか?いずれにせよ、受け取った金額につき課税されるわけで、あなたが保険金全部について税金を払ったなら、一部を受け取った人は課税されない筈ですが、もう一つ保険金が支払われ、それを他の人が受け取ったのであれば、その人は、あなたと同様に課税されます。
ペナルティーとか延滞金などは、申告しなかったこと、支払期限を過ぎているからそうなるのです。

弁護士 山城 昌巳

税理士の回答

OAG税理士法人
専門家OAG税理士法人(過去掲載の専門家)
回答日2009年10月9日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

OAG税理士法人です。

相続税を計算するときは、
まず最初に、亡くなられた方の財産を全て合計し、
その財産合計額に対して、全体の相続税額を計算します。
遺産額が大きいほど、税率が高くなるシステムです。

次に、実際に財産の分け方が決定している場合は、
各人が取得する財産の割合に応じて、相続税額を負担しなければなりません。

今回のお話のポイントは、相続税の税率は、
財産額が大きくなると税率が高くなるシステムになっている、という点にあります。

よって、お父様から財産を貰った方が、他にもいらした場合は、
その方が取得した財産も合計してから税率を決め直さなければなりません。
その結果、きりん様が取得した財産に対する税率が上がってしまったため
相続税額が不足になった、と言うことですので
残念ながら、計算上、延滞税が発生してしまうかもしれません。

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

延滞税に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する