みんなの相続Q&A - 死亡共済金の受取を拒否する父

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > æ­»äº¡å…±æ¸ˆé‡‘の受取を拒否する父

キーワード

相続 生命保険金・各種保険等 相続権と相続順位

死亡共済金の受取を拒否する父

身体障害を持つ独身の姉が亡くなりました。
生前は姉と同居していなかった弟と、妹である私が精神的、経済的に姉を支えて来ました。姉と同居していた母は昨年他界し、姉は一人暮らしでしたが、弟は遠方に住む私に代わり、姉の食事の世話や、買い物、病院通い等々、本当に良く姉に尽くしてくれました。
ところが、姉の遺品の整理をしながら、死亡共済金の受取を請求したところ、40年以上も前に離婚した、実の父親が生存していることがわかり、死亡給付金の受取人は法定相続人であるその父だと言うのです。
仕方なく父に連絡をとり、事情を説明した上で死亡給付金の請求をしてもらいたい旨を頼みましたが、今更私達に関わりたく無いの一点張りで、もう連絡などして欲しくないと言うのです。高齢と病の為か、この状況がよく理解出来ないようで、一切の協力を拒みお金も欲しくないと言います。
何とか父に代わって代理請求する方法はないものでしょうか。

質問者ドラ さん 質問日2009年10月3日

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2009年10月5日

お父さんに代わって、死亡共済金の請求をするには、お父さんから共済金の請求と受領の委任状をもらうしかないでしょう。
又は、お父さんに相続放棄してもらえば、あなた方(兄弟姉妹)が相続人となるので問題はないのですが、一切関わりたくないと言い張り、それらの書類に署名押印しないとなると、お父さんが亡くなるまで待つしかないでしょう。但し、共済金の支給には時効があるので、これを調べておく必要があります。
しいて、方法としては、死亡共済金は、お父さんが相続している、ということは、それは、財産ですから、これを差し押さえるという方法はあります。その為には、お父さんに対し、財産上の請求権がなければなりませんが、父としては障害者の子を扶養、介護する第一次的義務があるところ、これをせず、二次的な義務者である弟、妹がこれを行った(40年以上も)ので、お父さんに代わってやった故、これを補償せよという権利はあると思います。
親子で訴訟ということになり、みっとも良いことではありませんが、無責任な父に対してそれくらいのことは許されるのではないかと思います。そういう訴訟を提起し、判決が出るまで少々時間がかかるので、共済金を仮に差し押さえておくという方法です。
ただ、これには、訴訟の費用と仮差押えのときの保証金(共済金の25%くらい)を積まなければならないので、共済金の金額を考えてやるべきでしょう。

弁護士 山城 昌巳

行政書士の回答

noPhoto
専門家小針行政書士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年10月3日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

行政書士の小針と申します。
内容を拝見いたしました。

一番早い方法は、お父様に相続の放棄をしていただくことです。
ただ、やはり印鑑証明を取っていただいたり、実印を押していただくことになります。でも、どこかに出向いて行くことでは無いので何とかお願いしてみてはいかがでしょうか。40年前の事とはいえ実際に自分の子供のことですから何とかわかっていただくよう話すしかないと思います。

どうしても無理なら裁判所の手続きになると思います。

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年10月5日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 そのような事情にある場合、実質的に相続する人が受け取る方法が税務上も認められますので、所属の共済本部に事情をよく説明し請求方法・手続き教えてもらって手続きされた方がいいでしょう。
 税理士 高山秀三

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

死亡共済金に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する