みんなの相続Q&A - 遺産相続について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > éºç”£ç›¸ç¶šã«ã¤ã„て

キーワード

相続 不動産の相続 相続放棄 争続・トラブル 養子縁組 特別代理人 不動産の売却

遺産相続について

私の再婚相手が他界したのをきかっけに
夫の姉兄などが集まることになり
夫の親の土地についての話合いになりました。

夫には先妻との間に子供がおり
1人は養子縁組をしており
ほか2名の血縁がいます。
私と夫の間には子供がおりません。

お通夜やお葬式や火葬などは
私の先夫の子供たちが
一応義理の父親なのだからとやってくれました。

現状は土地が売れ次第という状態です。
私は夫を亡くしたので相続は
私が半分で残りの半分は夫の先妻の子供3人で
とういうことになりますが

①いろいろ手助けしてくれた
 私の先夫の子供には1円も権利はない?
 (養子縁組はしておりません)
②養子縁組をしている先妻の子供が
 遺産放棄をして欲しいと脅しの電話を
 してくるのですが私が建てた墓に
 夫を入れたのもありまして今後のことを
 考えると放棄はしたくありません。
 放棄の書類に印鑑を押さなければいいと
 思いますが怖くて自信がありません。
 私はどのようにしておくのが良いですか?
③夫は急に逝ってしまったので
 遺言書などはありません。
 夫の先妻の子供に遺産を渡さなくても良い
 方法などはあるのでしょうか?
④先妻の養子縁組している子供が
 ほか2名の分も含めての3人分と
 私に遺産相続させてまとめて全部の
 相続分を現金で欲しいと言っているらしい
 のですがそんなことは売れてもいないのに
 可能なのでしょうか?
⑤私は脅される恐怖などで精神不安定です。
 誰か代理人をたてることは可能ですか?

よろしく回答をお願いします。

質問者味噌煮込みうどん さん 質問日2009年10月2日

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2009年10月2日

「夫の親の土地についての話合いとなりました。」ということですが、亡夫名義の土地の話ではないのですか?夫の親の土地ならば、あなたの相続分は夫の相続分の1/2ということになります。

とりあえず、ご質問にお答えします。
①の質問について。
あなたの先夫のお子さんは、亡くなった御主人の子供ではないので、相続権はありません。
②の質問について。
あなたは、配偶者として、相続権があるのですから、放棄する必要は全くありません。
③の質問について。
亡夫の先妻の子は、子としての相続権があり、遺産を渡さない方法は、当人が相続放棄したり、相続欠格事由がない限りありません。
④の質問について。
「先妻の養子縁組している子供」は、誰と養子縁組をしているのですか?その子供が相続権があるように書かれていますが、他人の養子となっているということですか?そうだとしても、実父に対する相続権もあります。
その子が、他の兄弟2名分を含めて、(自分の分も)あなたが相続し、その分を現金で自分にくれと言っているのでしょうか?
そうだとすれば、先ず、他の2人の兄弟の了解が必要です。仮に、そうした場合、その代金相当額を全部やってしまえば、あなたは、何も相続したことにはならず、逆に、不動産の売却による譲渡所得税をとられます。
⑤の質問について。
確かに、亡夫の先妻の子供達の言っていることは、かなりひどいものです。あなたが、精神不安定になるのも分かります。信頼できる弁護士をたてるべきで、それは、あなたの自由です。

弁護士 山城 昌巳

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年10月2日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

次のとおり回答申し上げます。
①先夫との子には養子縁組がありませんので相 続人にはなりませんので権利はありません。
②放棄というのは家庭裁判所3ヶ月以内に手続き をすることです。お申し出の書類というのは 遺産分割協議書のことかと思います。何も相 続しないで遺産分割協議書に署名、実印の押 印、印鑑証明書の提出、をしろということか と思います。
  財産を相続するかしないかは貴方の自由な 意思ですので、ご自分の意思でお決めくださ い。結婚期間等はわかりませんが、相続され ても問題はありません。
③相続人全員による遺産分割協議書により遺産 分けを決めますので、相続する・しない、誰 が何を相続するか等はそれで決まります。皆 さんの合意如何にかかっています。
  従って、先妻の子が財産を要らないといわ ない限り難しいでしょう。
④遺産分割協議の結果次第です。不動産等を貴 方が相続し、その代わりに現金を先妻の子に 支払うという代償分割の方法もあります。
  要は話し合いの合意ができるかできない  か、貴方がどうしたいかということをはっき り主張されて合意に達することが重要です。
⑤税理士、又は弁護士に相談することはできま すが、遺産分割協議はあくまで相続人間の話 し合いですから、気をしっかり持って、納得 するまで話し合う態度が必要です。何も気を 使うことはありませんし脅かされることもあ りません。
  どうしてもうまくいかないときは家庭裁判 所に調停等の申し込みをすることもいいでし ょうが、多少時間がかかります。

 税理士 高山秀三

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

先妻に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する