みんなの相続Q&A - 分割協議前の預貯金凍結解除

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > åˆ†å‰²å”議前の預貯金凍結解除

キーワード

相続 遺産分割 遺産分割協議 葬儀費用 銀行預金

分割協議前の預貯金凍結解除

お世話になります。
7月に母が亡くなりました。
父は軽い認知症ですので、兄(長男で後継ぎ)が通帳や権利証、父の実印などすべての管理をしています。
相続人は父と兄弟3人の4名です。
先日、兄が作成した遺産分割協議書を渡されましたが、母の通帳など一切見せてもらえてなく、内容の確認ができませんので、まだ署名・捺印していません。
過去の回答で、遺産分割協議の前に預貯金の凍結解除をしたということは、その時点で分割協議が終わっているということですが、その時は、葬儀費用が足りないとか、定期口座を解約すると損をするので継続するためという理由でしたので、署名・捺印し、印鑑証明書を渡しました。
1.こういう場合でも、凍結解除し兄に名義変更された預貯金は、すべて兄のものになってしますのでしょうか?その分の遺産分割を求めても認められないのでしょうか?
2.名義が相続人ではない兄の奥さんや子供に変更になってた場合は、その口座の母が亡くなった時点の残金の相続を主張できるのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

質問者みか さん 質問日2009年9月27日

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2009年9月30日

被相続人(お母さん)の預金の凍結は、何の為にしたのかを考えると、遺産分割協議によって、その預金を誰が、いくら取得するか決まるまで、相続人のうちの1人が、みだりに引き出すことを防止する為です。
過去の回答では、凍結解除イコール遺産分割協議成立ということでしたとのことですが、通常は、そうであっても、全相続人の記名押印と印鑑証明がそろえば、凍結は解除されるでしょう。銀行としては、全相続人の承認がある故に。
本件はまさにそのケースですが、凍結解除は、分割協議成立の結果ではなく、暫定的なものであって、その預金につき、誰がいくら取得するかの分割協議は未了ですから、お兄さんに名義変更されたとしても、相続財産であることに変わりありません。
但し、凍結解除の為に遺産分割協議書を作り、そこに当該預金を兄のものにする旨書かれていた場合は、相続人全員がそれを認めたことになります。したがって、放っておくとお兄さんのものとなるでしょう。

1の質問について、(預金が兄の名義になった場合)上述したとおり、単に凍結解除した場合は、兄名義とされたことは、他の相続人は横領されたことになり、自分の分(例えば1/3の法定相続分)を返せとの請求は出来ます。(被相続人の預金は、その死亡時に、共同相続人の共有となっていますので)
したがって、遺産分割を求めることも当然出来ます。上述した、後の場合(凍結解除に兄が預金を取得する旨の遺産分割協議書を提出した場合)、これは、少々やっかいです。先ず、その協議書詐欺又は錯誤により取消もしくは無効との請求をしなければ、ことがはじめられません。これは、結局、裁判となるでしょう。(兄は、有効な協議書だと主張するでしょうから)

2の質問について、兄の奥さん、子供達には、あなたのお母さんの相続権はないので、彼ら名義になったとすれば、兄からの贈与でしょう。(預金名義をお母さんから、直接、彼ら名義には出来ません。一旦、兄が取得し、そのお金か、その他のお金を彼ら名義の預金にしたことになります。)その場合、お金は特定物ではないので、彼らに、お金を戻せとは言えません。お母さんの預金を引き出して、そのようにしても、それは、贈与ですが、特定物の盗品(横領を含む)の贈与なら、その物を返せと主張できますが、お金の場合、そのお金がどのお金なのか特定不能だからです。
しかし、その後名義がどのようになれ、元々のお兄さんのやった行為に対しては、上述したような請求が出来ます。

弁護士 山城 昌巳

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年9月28日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

1.凍結解除の理由は何であれ、相続による名義変更の手続きをされたのですか?提出された書面は相続による名義変更用でしたか?
 葬儀費用のためであれば相続手続きしなくても、各金融機関によって金額は違いますが支出できるようになっているはずです。
 遺産分割協議書を作成し、そのとおり名義変更に応じてくれるのであれば問題はないのですが、それは兄に対しては主張できますが銀行等の当事者以外にはできないでしょう。
2.相続手続きにおいては、相続人以外の人に名義変更はできませんので心配はないと思います。ただし、相続人を経由して変更することは可能です。くどいようですが、提出した書類はよく内容を確認すべきでした。
 税理士 高山秀三

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

預貯金に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する