みんなの相続Q&A - 不動産相続

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ä¸å‹•ç”£ç›¸ç¶š

キーワード

相続 不動産の相続 手続き

不動産相続

昨年末に主人をなくし、店舗を相続するのですが、まだ主人のままです。 店を賃貸で貸す予定の場合 そのままでは かせないのでしょうか?相続に必要な書類が わからないのですが?  

質問者あつこ さん 質問日2009年9月22日

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2009年9月25日

ご主人名義のままで、賃貸できないかとのご質問ですが、それは可能です。ただし、他にも相続人が居るかも知れないので、借りる側の人は、不安があるのではないかと思います。
賃貸しようとしている店舗(不動産)はご主人が亡くなった時点で、法的にはその法定相続人(妻や子)の共有(相続人1人の場合は単独所有)となっています。
また相続の登記はいずれしなければならないこととなりますので、この際、登記しておくべきでしょう。相続に必要な書類はありません。登記に必要なのは相続関係が明らかになる戸籍謄本(亡きご主人の出先のときからのもの)が必要です。共同相続人が居て、あなた独りの名義にするには、他の相続人の同意が必要です。普通、遺産分割協議書で他の相続人はその不動産の取得(相続)しないことを記して、全員が記名押印(実印)し、印鑑証明書をつけて登記申請をします。

弁護士 山城 昌巳

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年9月22日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 相続人全員で遺産分割協議を行い、遺産分割協議書を作成します。遺産分割協議書には署名、実印の押印、印鑑証明証の添付が必要です。それぞれの遺産は相続することになった人の名義に登記変更等をします。
 協議の結果、店舗を相続することになった人と、賃借する人の間で賃貸借契約書を作り貸し付けることになります。
 青色申告に関する届出、消費税に関する届出等は新たに事業を開始する人が出し直しすることになります。
 税理士 高山秀三

司法書士の回答

司法書士いがり事務所
専門家司法書士いがり事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年10月4日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

ご主人の相続人があつこ様のみであれば、相続登記(あつこ様への名義変更)は賃貸するための絶対条件ではありませんが、
通常、賃貸借契約に当たっては不動産登記事項証明書を借主に提示するため、相続登記をしておいた方がベターでしょう。

必要書類は以下のとおりです。
・ご主人の戸籍除籍(出生から死亡時までのもの)
・あつこ様ほか相続人の方の戸籍
・(法定相続ではなく、遺産分割の場合)遺産分割協議書および全員の印鑑証明書
・あつこ様ほか相続人の方の住民票の写し
・店舗建物・土地の固定資産税評価証明書

その他、事案によって必要になる書類もありますので、具体的にご相談されることをお勧めします。


各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

主人に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する