みんなの相続Q&A - 養子の相続について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > é¤Šå­ã®ç›¸ç¶šã«ã¤ã„て

キーワード

相続 養子縁組 代襲相続 手続き

養子の相続について

私は金融機関に勤めております。私が今直面している相続のケースでわからないことがあり、質問させていただきます。
先日お客様A(男性)が亡くなられて、相続手続をしていただくのですが、死亡時の謄本を拝見したところ、その方には子B(女性)が一人おられ、Bのご主人Cは婚姻して数年後にAと養子縁組されてます。さらにBと養子になられたCの間に生まれた息子D(Aの孫にあたる方)とも養子縁組されており、情報によるとCは数年前になくなられているそうです。
以前、勉強している時に(実子がいる場合、相続ができる養子は一人だけ)というのを見たことがあるのですが、それなら今回のケースの場合、Cは相続人として扱う必要はないのでしょうか?もし相続人として扱うなら、Cの死亡、さらにその代襲相続人を確認するための謄本が必要かと思うのですが、そうでなければ、謄本を取り寄せていただかなくていいのかと思いまして。
わかりにくい文章で申し訳ございませんがご回答よろしくお願いします。

質問者あやこ さん 質問日2009年9月20日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2009年9月20日

実子がいる場合は,相続できる養子が1人だけ,
云々というのは,相続税の基礎控除の計算のこ
とでしょう。本件では直接は関係ありません。

通常どおり,Cの代襲相続人を確認する必要が
ありますが,Cの子供だからといって,Aと縁
組前に生まれた子のように,Aの直系卑属でな
い孫は,代襲相続人にならないので,注意する
必要があります。

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2009年9月25日

先ず、相続できる養子は一人だけということはありません。法的には養子も実子と同じ扱いを受けます。
また、DはAの孫ですが、Aと養子縁組しているので、Aを直接相続します。(Cの代襲相続ではない)
そして、御質問の場合、BとDがAの子ですから、他に相続人が居なければ、法定相続分は各1/2ということになります。
また戸籍謄本は、Cの戸籍は除籍になっていないので、それとAの出生からずっと繋がっていた戸籍謄本が必要です。

弁護士 山城 昌巳

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年9月22日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 CはAより先に亡くなられているのでDは代襲相続人になります(CとAが養子縁組後に生まれていること・Bを通じても直系卑属に当たることから代襲相続人になります)また、この場合のDは実子扱いとなります。
 従ってDの戸籍謄本等も必要です。
 この相続における相続人はBとDですが、Dの相続分は養子としての相続分と、代襲相続人としての相続分がありますので相続分は2/3
と多くなります。
 税理士 高山秀三

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

養子に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する