みんなの相続Q&A - 祖父名義を孫名義に 詳細

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ç¥–父名義を孫名義に 詳細

キーワード

相続 不動産の相続 手続き 借地権 名義変更 土地の名義変更 相続権と相続順位

祖父名義を孫名義に 詳細

現在、義父名義の土地を借りて夫名義で家を建てています。10月に離婚するのですが、その家は私と子供で住むことになりました。夫は出て行く形になりますので、名義変更が必要になってきますよね?家は私名義で決まったのですが、土地が義父名義の為、孫名義を希望する可能性も出てきました。なので、義父と話し合いをする前に未成年の孫に土地を相続することが出来るのかという事と、もし相続出来るのであれば、私名義と孫名義とではどのような違いがあるのか、相続にあたりどの位の費用がかかるのか教えていただきたいと思っています。よろしくお願いします。

質問者rosehip さん 質問日2009年9月12日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2009年9月14日

「義父と話し合いをする前に・・相続することが出来る
のか」ということですが,そもそもrosehipさんもお子
さんも,相続人ではありませんので,相続しようがない
です(今から養子にでもなりますか?)。

したがって,今,離婚に伴い,土地をもらい受けると
すると,それは贈与になります。

義父さんの土地については,離婚に伴う財産分与でも
ないので,贈与税がまるまるかかる可能性があると思
います。そこで,贈与税の計算くらいはしておいた方
がいいでしょう。土地の評価額がそれなりのものでし
たら税理士さんに,直に,相談した方がいいと思いま
す。

また,現在,義父の法定相続人として,夫以外にどな
たがいるのか判りませんが,将来義父さんに相続が
発生した場合に,この贈与が問題となる可能性がある
か(たとえば遺留分の侵害),検討しておく必要もあ
るでしょう。

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2009年9月17日

離婚に伴い夫名義の家をもらうということは、財産分与、子供の扶養料(慰藉料も入っているのか知れませんが…)としてということと思います。
そうなると、孫(あなたの子?)名義にすると税金が余計にかかります。というのは、財産分与としてもらうことは、妻の権利であって、税金にも控除がありますが、子の名義とした場合、贈与となります。(扶養料は子の権利ですが、これを家で支払うということは、税務当局としては認めにくいものと思われます。)
また、孫には、あなたの義父に対する相続権はありません。(義父に子が居るので…)また、相続にあたり費用は、登記費用くらいしかかかりません。その費用は、不動産の評価額の4/1000(登録免許税)と司法書士の費用5~6万円くらいです。相続税は別途かかりますが、5000万円の基礎控除の他に配偶者控除があるので、先ず、税金はかからないでしょう。

弁護士 山城 昌巳

専門家の回答

相続相談ステーション
専門家相続相談ステーション(過去掲載の専門家)
回答日2009年9月14日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

詳細ありがとうございます。
ですが、まだ判らない部分が多々あります。

「義父名義の土地を借りて」とありますが、土地の賃貸借契約を結んでいる、という事ですか?
それとも、義父名義の土地の上に、夫名義で家を建てて住んでいた(使用貸借)、という事でしょうか?

家に関しては、夫⇒妻と、離婚に係る財産分与という事だと思いますが、
義父は離婚の当事者ではないので、財産分与はありません。
また相続人ではないので、相続でもないとすると、
名義変更は、贈与という事になるかと思います。

「私名義と孫名義とではどのような違いがあるのか」という事ですが、
贈与という事であれば、両者に違いはありません。
お二人とも、そもそも相続人ではないので、相続にはならないのです(養子縁組などしていれば別ですが)。

まずは、今回のケースは「相続ではない」という事を念頭に置いて、「贈与」で調べてみてはいかがでしょうか?
ちなみに土地の名義変更には、「登録免許税(評価証明書の評価額×2%)」と司法書士報酬も掛かりますので、念頭に置いておいた方が宜しいかとおもいます。

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年9月14日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 まず、離婚されて夫名義の建物を貰うときは、ご主人は譲渡所得として申告しなければなりません。ご主人と一緒に住んでおられたときは3000万円の特別控除が適用できますので、申告は必要ですが課税はされないかもしれません。
 土地は無償で借りるのであれば使用貸借となりますので、できれば契約書を作成された方がいいでしょう。
 ご主人の生存中に孫名義にすると、孫は祖父の相続人ではありませんので、祖父からの贈与となりますので、贈与税がかかります。贈与税額は土地の価額がわかれば計算はできます。これは貴方の名義にする場合も同じです。
 祖父から孫が相続できるのは、
 ①ご主人が祖父より先に亡くなっている場合  ですが、貴方は相続権はありません。
 ②祖父が先に亡くなられ、ご主人が相続され  た場合は、ご主人の相続を経由して貴方の  お子さんが相続できます。この場合も貴方  には相続権はありません。
 相続税の概算は親族関係、財産の種類、財産の価額等がわからないと計算はできません。
 税理士 高山秀三

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

孫名義に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する