みんなの相続Q&A - 土地家屋の相続

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > åœŸåœ°å®¶å±‹ã®ç›¸ç¶š

キーワード

相続 相続税対策 贈与・生前贈与 相続税 不動産の相続 手続き

土地家屋の相続

はじめまして、どの様に質問したら良いのか・・さえ分らないのですが、宜しくお願いします。

土地家屋は、どちらも父の名義だと思います。現在、父母、私、娘の四人で住んでいます。この先、父か母が亡くなった時、土地家屋等の相続をする場合、生前に相続?亡くなってから相続?など色々な方法があると思いますが、どの様な方法が税金等が掛からないのか(出費の少ない)、どの様な手続きが必要なのか教えて下さい。
私には姉が居りますが、相続はしないと申しております。その場合の必要な手続きなども教えて下さい。

質問者ジュレ さん 質問日2009年9月7日

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2009年9月7日

生前に相続はできません。ただし贈与を受けることはできます。しかし、贈与税は税率が高く、税金の控除額も少ないので得策ではありません。
父又は母が亡くなられたときの相続人は、残った配偶者と子供です。お姉さんは相続しないとのことですが、生前に相続放棄することは家庭裁判所の許可が必要です。もし父母が現在住んでいる土地家屋をあなたに相続させることを希望し、お姉さんもこれに反対しないなら
①父が亡くなったとき、母と姉に相続放棄してもらうことが最も単純で簡単な方法です。但し、相続放棄は、3か月以内に家庭裁判所に「相続放棄の申述書」を提出して行わなければなりません。
②父と母に、土地家屋その他の遺産すべてあなたに遺贈する(相続させる)旨の遺言書を書いてもらっておくことも一つの方法で、この方が確かです。

弁護士 山城 昌巳

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2009年9月7日

税金のことは,財産の中身を明らかにして
税理士に相談されればいいでしょう。

相続の事前放棄は原則認められていませんが,
遺留分の放棄(裁判所の許可必要)という手段
もあります。

ただ,お姉さんも,今はいらないといっていても,
将来は,お金に困るかも知れませんし,法的な
手続を取るとなると躊躇するかも知れません。

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年9月7日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

仮定の質問にはたくさんの条件等がありすべてにお答えするのは困難です。
 お父様の遺産額が基礎控除の8000万円以下の場合には相続税はかかりません。この場合居住用の不動産(土地)には80%減額するという特例があります。また、配偶者には1億6000万円まで課税されないという特例があります。
 生前に贈与を受ける場合には2500万円までの贈与には贈与時には税金がかからないという特例もありますが、それを選択しないときは110万円以上の贈与には贈与税がかかります。
 それ以外の貴方の質問にお答えするには数十ページの紙面が必要になりますので、具体的に絞ってお尋ねください。
 税理士 高山秀三

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

相続に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する