みんなの相続Q&A - 遺言書で墓守が指定されている場合について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > éºè¨€æ›¸ã§å¢“守が指定されている場合について

キーワード

相続 相続権と相続順位

遺言書で墓守が指定されている場合について

≪状況≫
・私は祖母の長女の次男
・私は既に結婚して娘一人
・祖父(祖母の配偶者)は約20年前に他界
・祖母には3人の娘がおり以下の状況
[長女]
婿養子(私の父)をもらい長男・次男(私)が産まれるが、離婚して家を出て、その後、別の男性と結婚。婿養子は、長男・次男(私)を引き取り、その後、別の女性と結婚。
[次女]
結婚して息子2人。配偶者他界。
[三女]
結婚して娘1人。

≪祖母からの依頼≫
長女は家を出ており、次女・三女は既に嫁いでいるため、墓守をお願いできない。本来は長女の長男(私の兄)が家を継ぐ権利があるため、もし(祖母が)亡くなったら家を継いで墓守もお願いしたいが、音信不通のため次男である私に墓守をお願いしたい。

≪質問≫
①祖母が亡くなった場合の相続人は、誰になるのでしょうか?(長女も含めて娘3人という認識で、以降の質問に進みます。)
②私と祖母は、法的にどのような関係になるのでしょうか?また、私には法的にどのような権利があるのでしょうか?
③祖母の言う「家を継ぐ権利」は法的に私の兄と私にあるのでしょうか?また、法的に家を継ぐ権利とは何で判断するのでしょうか?

④遺言書がないまま祖母が他界した場合、法的に墓守は誰がする事になるのでしょうか?
⑤相続人ではない私が墓守をするためには、どのような手続きが必要でしょうか?(遺言書に記載するなど)
⑥墓守に必要な費用を相続する事は可能でしょうか?(遺言書が必要?)

質問が多くて恐縮ですが、ご回答をよろしくお願いします。

質問者まあたん さん 質問日2009年9月7日

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2009年9月8日

①その相続人は、長女(母)、その妹2人、父が婿養子ということは、祖母と養子縁組していると思われるので、父も相続人となります。

②あなたは、祖母の孫で、祖母に子が居るので、相続権はありません。

③「家を継ぐ」という言葉、また、その意味内容も、旧民法時代のものです。現在では、被相続人の家、屋敷を相続することが「家を継ぐ」といえるかもしれません。

④⑤墓守は誰がやるべきとは、現在の民法では規定されていませんが、財産の相続とは別に祭祀の継承、墓の所有権は、慣習に従って承継され、又は、被相続人の指定によって決めることが出来ます。慣習がはっきりしないときは、家庭裁判所が決めます。(民§897)

⑥墓守に必要な費用は、特別枠として相続することは出来ません。相続人でない人が、墓守をする場合は、遺言で、そのことを書いてもらっていないといけません。

以上のとおりですが、又、余計なことかもしれませんが、祖母が、相続権のないあなたに、家を継いでもらい、墓守もしてもらいたいと希望しているなら、遺言で、祖母の家(土地)を遺贈してもらい、祭祀の承継者に指定してもらうべきでしょう。

弁護士 山城 昌巳

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2009年9月9日

①離婚と離縁は別なので、お父さんが離縁してなければ、
相続人に含まれます。
②直系卑属ですが、特に権利はありません。
③そもそも「家を継ぐ権利」というもの自体、民法上
の権利としてはありません。財産権ではないですから。
相続というものは、不動産、動産、債権等の財産的
権利を対象としています。祭祀財産と言われるものの
その有形物を所有権を誰に帰属させるかという問題に
過ぎません。「祖先の祭祀を主宰すべき者」の地位が、
権利と言えるかも微妙です。
時々、祭祀を承継するから、家(不動産)ももらうの
が当然だと主張する場合が見受けられますが、無関係
です。
④一般には、墓守=祭祀を主宰することでしょうから、
祭祀を主宰する者になった方が、墓守をすることにな
ります。
慣習または指定によって、祖先の祭祀を主宰すること
になった方が、お墓の所有権を取得して墓守をされれ
ばいいでしょう。
⑤一応、「祖先の祭祀を主宰すべき者」になり、お墓
の所有権を取得しておいた方がいいでしょう。ご祖母
様が指定をすれば、その方が、「祖先の祭祀を主宰す
べき者」のになります。
指定の相手は、相続人である必要はありませんので、
質問者さんでもオッケーです。
⑥「祖先の祭祀を主宰すべき者」の地位と、相続財産
を取得しうる地位は別ものですので、ご祖母様から、
遺言等で、遺贈を受けておく必要があります。

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年9月7日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

質問①
 お父様の養子縁組が継続しているときはお父様も子供になりますので相続人は、長女、二女、三女、養子の4人です。
質問②
 あなたは孫の一人となりますが、お母様、お父様が生存されているときに祖母が亡くなられたときは相続人にはなりません。
質問③
 家を継ぐ権利は相続人であればどなたにもありますが、一般的には祭祀を承継する人が相続しているケースが多いようです。相続人全員でよく話し合ってください。
質問④
 相続人全員で話し合って(遺産分割協議といいます)協議書を作成しますので、相続人の合意で決めるということになりますが、その地方の慣習、風習に従うことが多いようです。
質問⑤
 祭祀の承継には法事等の出費も伴いますので、できれば相続財産を取得する相続人がいいのですが、そうでないときは、家の相続も含め遺言書を書いていただくか、生前に資金贈与を受けた方がいいでしょう。
質問⑥
 費用を相続するのではなく費用に充てる資金を相続するということでしょうから、貴方が取得するには、生前に贈与を受けるか、遺言書に記載してもらうことがいいでしょう。
 
 税理士 高山秀三

、 

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

墓守に関連する相続Q&A
  • 遺産と遺言
    ・AとBには昔から嫌がらせを受けて来ました。  ...
  • 兄の遺産分割について
    父母の死後、兄が家業を継いでいたのですが、つい最近、兄が突然死してしまい  ...
  • 養子の相続権放棄
    結婚し、主人の氏を名乗ってきましたが、やはり主人に養子になってもらい墓守  ...
  • 相続人
    私の母の長男(伯父)が死亡し、家の墓守をするということで相続人協議の結果  ...
  • 祖父の不動産相続
    祖父が平成12年に亡くなりました。最近になって祖母(96歳)や叔母(A)  ...

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する