みんなの相続Q&A - 父の相続について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > çˆ¶ã®ç›¸ç¶šã«ã¤ã„て

キーワード

相続 遺産分割 相続の対策と準備 不動産の相続 養子縁組 後妻

父の相続について

私の父は6人兄弟の長男ですが実の母は父が若い頃に既に他界しており、祖父はその後、再婚をして後妻となる義理の母がおります。(義理の母には子供なし)
現在、祖父も義理の母も健在ですが自宅の名義が
祖父と義理の母の半々となっております。
今後、祖父が先に他界してしまった場合に相続は
どうなるのでしょうか。(父は義理の母とは養子縁組はしておりません。)
義理の母には姪と甥はいます。
父の兄弟はこのままだと、祖父が先に他界してしまった場合に自宅が義理の母の親戚の手に渡ってしまうことを懸念しており、義理の母と養子縁組をするように言ってきます。
また、父の兄弟と義理の母は昔からいざこざがあり現在は険悪な状態で警戒しており、兄弟の言う通りに父とすんなり養子縁組をするとも思えないため、とても心配です。
どうか良きアドバイスをお願いします。

質問者もり さん 質問日2009年9月5日

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2009年9月8日

①祖父が亡くなると、その相続人は義理の母とあなたの父及びその他の兄弟です。相続分は義母1/2、兄弟6人で1/2です。(父と義母の養子縁組がしてあっても、なくても変わりません。)

②義母の姪甥には、祖父に対する相続権はありません。祖父には、子と配偶者が居るからです。義母との養子縁組は、義母を相続する為には必要ですが、前述の通り祖父の相続には関係ありません。
  
  弁護士 山城 昌巳

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年9月5日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

いくつかの方法があります。
1.祖父に遺言書を書いてもらい、祖父の持分  を子供が相続するようにうする方法。
2.祖父の相続において、遺言書がないときは  遺産分割協議書により相続しますが、遺産  分割協議において、できるだけ子供達で相  続できるように合意すること。遺産相続は  相続人が合意すれば、合意内容によって   自由に分けられます。
3.祖父の生前に祖父の持分を贈与してもらう  方法。
   現在は2500万円までの財産には贈与のと  きに税金がかからない相続時精算課税の贈  与の特例もありますので、検討してみてく  ださい。
   この特例は祖父の相続のときにはその人  の相続財産に加算されますが、このケース  では、現在の税法が変わらなければ1億  
  2000万円までの遺産であれば相続税がかか  りませんので、いい方法かも知れません。
 税理士 高山秀三

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

養子縁組に関連する相続Q&A
  • 代襲相続について
    元夫が亡くなり、後妻の子2名と前妻の子1名の4名で相続は完了しましたが、  ...
  • 相続人について
    初めまして。この度父が亡くなりました。(すでに母は亡くなっています)  ...
  • 財産分与について
    母は50年程前に離婚しており後妻に入り義息子夫婦と暮らしておりました。  ...
  • 相続放棄について
    相続放棄についてお教えください。 A男とB子は夫婦です。  ...
  • 母との口約束
    両親が連れ子同士の再婚です。この度、母、父と相次いで他界致しました。母に  ...
  • 相続放棄について
    相続放棄についてお教えください。 A男とB子は夫婦です。  ...
  • 養子縁組解除
    養親が死亡。その後縁組解除を家庭裁判所に申請せず現在に至る。  ...

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する