みんなの相続Q&A - 相続目当てに孫が子に・・・

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ç›¸ç¶šç›®å½“てに孫が子に・・・

キーワード

相続 遺産分割 相続税 遺産相続の割合 養子縁組 認知症 成年後見人・任意後見人

相続目当てに孫が子に・・・

 7月に92歳の祖母が亡くなりました。
祖父はだいぶ前に他界しており、子供が男男の2人(私の父が次男)なのですが・・・・

 先日相続の話を長男(父兄)が次男(父)の所にもってきて、当然2分の1が父の相続となるところが、3分の1というのです。
その理由は、3年前に長男(父兄)の長男(父兄の子)を祖母の子として養子縁組をしていたと言うのです。次男(父)は祖母が他界し先日その話を初めて聞かされました。

長男(父兄)には女女男と3人の子供がいます。皆成人して既婚して子供あり。
次男(父)は男女と2人の子供がいます。皆成人成人して既婚して子供あり。

確かに長男(父兄)が祖母の面倒を見ていましたが、祖母は7、8年前に脳梗塞で倒れ、自宅で介護することなく、老人介護施設と病院をぐるぐる回され、少し痴呆もあったかも・・・
病院で徘徊しないように縛られていたという話も聞いていました。
その状態で3年前に養子縁組していた?
そんな裏工作?めいたことしてまで父の相続分を
減らしたいと考えた父兄とその子にがっくりです。

祖父が亡くなった時も父は何もわからないからと言い父兄に言いくるめられ、祖母の相続税分を払ったと聞かされています。

父が馬鹿にされてるようで悔しくて相談させていただきました。

3年前の養子縁組は違法な事にはならないのですか?

質問が漠然としてますがどうにかなりませんでしょうか。よろしくお願いします。

                 以 上






質問者らら さん 質問日2009年9月1日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2009年9月1日

ご祖母様に縁組意思がなかったことが証明されれ
ば,3年前であろうと,縁組の無効を主張できる
でしょうが,証明できますか。

当時の診療記録を入手するとか,養子縁組届出
の写しを入手して,届出の証人について,どういう
関係者か調査し,さらに筆跡等も調査されたらどう
でしょうか。

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2009年9月2日

養子縁組が有効なものであれば、父の相続分は1/3ですが、これが無効であれば1/2となります。
3年前に縁組をしたが、他方、祖母は7、8年前脳梗塞で倒れたとなると、養子縁組したとき、祖母に判断能力があったかどうかが、有効、無効のカギとなります。
また、養子縁組は戸籍に届けられて成立するものですから、これを無効にするには、「養子縁組無効確認の訴」を起こす必要があります。

弁護士 山城昌巳

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年9月1日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 相続税を下げるためとか、代々の不動産等を散逸させない等の目的で養子縁組をするのは、相続対策としては有効で、一般的に行われます。
 養子縁組は当事者の合意のみで成立しますので、そのときに祖母に判断能力があったかどうかなどは、今からでは非常に困難で、医師の診断書等によらないと無理でしょう。
 祭祀の継承等は代々長男の跡取りが行う慣習等に従っているのであれば、やむを得ないという考え方もあります。
 要は、兄弟がもっと頻繁に交流し、親の介護や、日常の交流において対話を持っておれば、このようなことはなかったと思いますが、残念です。
 税理士 高山秀三

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

父兄に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する