みんなの相続Q&A - 遺産分割協議書と別の同意書

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > éºç”£åˆ†å‰²å”議書と別の同意書

キーワード

相続 遺産分割 遺産分割協議 不動産の相続 財産目録 銀行預金

遺産分割協議書と別の同意書

相続に関して遺産分割協議書を作成しました。遺産は、土地、現金等ありますが、相続人の一人が土地・建物を相続します。遺産分割協議書には、
一人一人の相続する内容を記載し、土地・建物の相続人には、その土地・建物を特定するため、所在、地番、地目、地積、建物の面積等、詳細に記載してあります。
これとは別に土地の相続人が、司法書士から登記用ということで同意書らしい書類に「記名、押印が必要」という話があったとのことです。そこの司法書士は、自分のところの書式で不動産の相続人を確定し、登記手続きをするみたいですが、
①遺産分割協議書の内容(土地・建物を特定)と、司法書士が、用意した書式の内容(単に土地・建物・又は、土地建物すべてと記載)が相違する場合、どちらが有効になるのでしょうか。
②今回の遺産分割で、出てこなかった土地、建物が後から判明した場合、今回とは別に、再度分割する旨を遺産分割協議書に記載してありますが、司法書士が用意した書式に「土地・建物全て相続」と記載されていた場合、後から判明した不動産も全て、何の連絡もなく、勝手に相続・登記されてしまうのでしょうか。すでに、私の知らない不動産が判明している可能性もあります。
司法書士の方は、遺産分割協議書は必要ないらしく、手続きには使用しないみたいです。
③同意書らしい書類は見ていませんが、どうしてもその書類が必要らしく遺産分割協議書に記載されている土地・建物のみを相続・登記対象とさせるには、どうすればよいでしょうか。
よろしくお願いします。

質問者かわいいこいぬ さん 質問日2009年9月1日

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2009年9月2日

①及び②
遺産分割の合意という点では、協議書は有効です。土地、建物の登記に関しては、司法書士の用意した書式も有効です。
しかし、もとは、遺産分割による登記をするわけですから、登記用の書類には、協議書の記載と全く同一に書くべきです。そうでないと、あなたが心配するような登記が為されるおそれがあります。

③
遺産分割による相続の登記は、「遺産分割協議書」を原因証書として出来ます。特に、「同意書」は必要ありません。協議書どおりの登記をさせる為には、同意書なんてものに判子を押さないことです。

弁護士 山城昌巳

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年9月1日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 不動産の相続登記の登記原因書類には、遺産分割協議書で十分ですので、それ以外に別途簡易なものを作成する必要はありません。
 ただし、すべての財産が他人に知れるのが好ましくないと考える場合には、登記の対象となる不動産だけを抜き出した書類を作成して添付する場合もあります。
 この場合、他に不動産がある恐れがあるときは、すべての不動産とはしないで、現在把握されている分割協議書に記載された不動産・土地等に特定して記載すると良いでしょう。
 税理士 高山秀三

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

遺産分割協議書に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する