みんなの相続Q&A - みなし相続について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ã¿ãªã—相続について

キーワード

相続 遺産分割 退職手当金 死亡退職金 相続権と相続順位

みなし相続について

8月に母が亡くなり、父と兄弟の3人で相続をすることになりました。退職金900万円と会社組合から組合弔慰金として300万円の相続については、みなし相続財産となり全て父に相続する権利があるのでしょうか?

質問者こうちゃん さん 質問日2009年8月30日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2009年8月31日

みなし相続財産というより,
退職金や弔慰金の受取人が父になっている
かどうかの問題ではないでしょうか。

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2009年9月1日

税法上は、いずれもみなし相続財産とされていますが、全て父に相続する権利があるかは、相続法の問題です。
退職金規定に、受取人を指定している場合がありますが、これは、会社の規定、もしくは退職者との取り決めです。相続法規は現行規定ですからその取り決めが、相続法を変更することは出来ないと考えるべきです。
もし母が退職金の受取人を父とした場合、子の相続権を侵害します。そういうことをするには、遺言書で、退職金は父に、という風に記載しておかねばなりません。
遺言書がなければ、父1/2、兄弟2名で1/2という相続分になります。他に、相続財産があってもこの割合は変わりません。相続財産が退職金900万円と弔慰金300万円だけとすると、相続税はかかりません。(基礎控除5000万円、子供には1人1000万円の控除)

弁護士 山城 昌巳

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年8月31日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 退職金は勤務先の規定によって受取人が決められていますので、それに従うことになります。
 そのほかの財産(居住用の不動産等)があり、それもお父様が相続すると、他に子供さんが相続するものがないときは、お父様の相続した退職金を代償財産として子供に支払うことは可能です。この場合、遺産分割協議書にその旨記載します。
 他の財産等と総合的に相談し判断してください。
 税理士 高山秀三

専門家の回答

相続相談ステーション
専門家相続相談ステーション(過去掲載の専門家)
回答日2009年9月4日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

相続相談ステーションの毛利です。

「みなし相続財産」というのは、相続税の計算の時に使用するもので、
みなし相続財産だから全て父に相続する権利がある、とは言えません。

退職金・弔慰金は、個々に規定があるでしょうから、それに従います。
単に「遺族(生計を一にする親族)」とだけなっている場合もありますし、
「お父様個人」が指定されている場合もあります。
「法定相続人」という指定方法もあり得ます。

お父様個人が指定されていた場合は、お父様の権利になります。
「遺族」となっていた場合は、ご兄弟が生計を一にしていれば、共通して権利があります。
「法定相続人」の場合は、法定相続分で分配するのが通例です。

いずれにしろ、会社の規定を確認の上、お話し合いをされるのが良いのではないでしょうか。

尚、死亡退職金も弔慰金も、相続税の基礎控除の他に、非課税枠があります。

・死亡退職金「500万円×法定相続人の数」
・弔慰金「ボーナスを除いた給与の6ヶ月分(業務上の死亡の場合は3年分)まで」

ご参考までに・・・。

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

みなし相続に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する