みんなの相続Q&A - 遺産相続

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > éºç”£ç›¸ç¶š

キーワード

相続 遺産分割 遺産分割協議 相続税 手続き 争続・トラブル

遺産相続

数年前に祖母が亡くなりました。
祖父はすでに他界しており、子供は3人です。
祖母がなくなった当時、3人の子供はそれぞれ多忙でなかなか分割を協議する時間が取れませんでした。
その間に2番目の兄(生前の祖父母の家の隣に住んでいた。現在も。)がいろいろと整理をし、「きちんと悪いようにはしない」と言い、書類なども作って税金などの処理をしていたようです。
最近になり、やはりきちんとしないとということで一番上の兄などが、協議を持ちかけたのですが、2番目の兄は「すでに協議済み」と言って請合ってくれません。
最近判ったことなのですが、ほかの二人には知らせずに「分割協議書」を作ってしまっていたようなのです。
(他の二人はこの「分割協議書」持ってもいませんし、存在も最近まで知りませんでした。)
「分割協議書」には実印や署名も必要なのですが、どうも別の書類に書いた書名と実印を利用して作ってしまっているようなのです。
他の二人の兄弟は、そんな書類にサインした覚えは全くないそうです。
今は高性能なコピー機もあるので可能なのかもしれませんが、どう考えてもおかしいと思います。
私には全く関係のない、親の相続の問題ですが、どうしても納得がいきません。
絶対におかしいと思います。
親たちは、唖然としてしまっていています。
どのようにすればいいのでしょうか?
すいませんが、どのようにしていけばいいのか教えてください。
よろしくお願いいたします。

質問者だるま さん 質問日2009年8月30日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2009年8月31日

まずは,ちゃんと遺産分割協議書の原本を
見せてもらってからではないですか?
あと,印鑑証明書は渡しているのでしょうか?

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2009年8月31日

1.結論的に言いますと、2番目の兄が作った遺産分割協議書は法的に無効です。
当該内容で相続税の申告、納税も済んだからといって、有効とはなりません。
その無効の遺産分割協議書によって、相続財産を処分したことも無効になるので、どうしたら良いかは、その処分がどんな処分か、不動産の登記、預金の引き出しなどによって、とるべき手段が異なってきます。

2.例えば、①不動産の登記にしても、自己名義にしたり、第三者に売却したりということがあります。第三者への売却となると、少々ややこしくなりますが、登記が移っていても無効は無効です。そこで、その売買無効による、登記抹消請求訴訟を提起すべきこととなります。
②預貯金の引き出しであれば、2番目の兄に対し、引き出した分を返せという請求(訴訟)をすべきです。

3.このように、処分行為の種類、態様によって、これを是正する具体的方法、手段が異なってきますので、それらを調査した上で、もう一度ご相談して下さい。
調査の為に、その問題の「遺産分割協議書」を入手すべきです。

弁護士 山城昌巳

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年8月31日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 相続において、不動産の名義変更や預貯金の名義変更には、遺産分割協議書を作成し実印の押印や印鑑証明書、戸籍謄本の提出がないとできませんが、それが済んでいるということは少なくとも実印の押印と印鑑証明書はお渡しになったのでしょう。ということは皆さんが了承していたと取られても致し方ないのではないでしょうか。
 そのいきさつはわかりませんが、実印を押した書面はどのようなものか、次兄に確認してください。
 それでこじれるようなら家庭裁判所に提起する以外にないでしょう。
 税理士 高山秀三

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

分割協議書に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する