みんなの相続Q&A - 遺産相続

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > éºç”£ç›¸ç¶š

キーワード

相続 相続放棄 手続き 相続権と相続順位

遺産相続

私が2歳のときに 両親が離婚しました。私と兄は 母に引き取られ 今に至ります。実父は 後に再婚したらしいです。 先日(8/8) 他界しました。再婚相手の方との間には 子供はいません。 私と兄に相続があるみたいで 書類が届くそうです。相続するかしないか 迷っていますが・・・兄と私 どちらかが 相続をしないとなると どうなりますか?  口答で断ることも可能なんでしょうか?

質問者@ぺんぺん@ さん 質問日2009年8月30日

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2009年8月31日

後妻が1/2、あなたと兄が1/4ずつ、これが法定相続分です。(遺言書で変更できるが、遺言はないものとします。)その場合、兄又はあなたが相続放棄(相続しないこと)すると、その分、兄又はあなたが相続し、1/2となります。
口答で相続を断ることはできません。死亡を知った日から3ヶ月以内に家庭裁判所に相続放棄の申述を書面で行います。

弁護士 山城 昌巳

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年8月31日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 相続人は後妻さんとあなた方お二人です。遺言書がなかったとすればこの三人で遺産分割協議を行い、遺産分割協議書を作成して、その内容のとおり遺産分けをします。財産を相続する、しないは自由です。
 口頭ではできませんが、遺産分割協議書を作るときに、財産がいらなければ、その内容にあった文書を作り署名、実印の押印、印鑑証明を渡せば、その分他の人が相続することになります。
 税理士 高山秀三

司法書士の回答

司法書士いがり事務所
専門家司法書士いがり事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年9月6日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

@ぺんぺん@様とお兄様の2人のうち、「どちらか1人が」相続しない(相続放棄をする)と、
相続放棄をしないもう1人が相続人となります。

口頭で断っても意味が無く、相続放棄したい場合は家庭裁判所に申述する必要があります。
なお、相続放棄は、相続開始を知ってから3ヶ月以内にする必要がありますので、ご留意ください。

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する