みんなの相続Q&A - 相続時の不動産の共有物分割請求訴訟について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ç›¸ç¶šæ™‚の不動産の共有物分割請求訴訟について

キーワード

相続 遺留分 遺言と遺言書 不動産の相続 共有物分割請求訴訟 手続き 遺留分減殺請求 代償分割・代償金

相続時の不動産の共有物分割請求訴訟について

昨年夏に父が他界し自筆遺言により不動産を相続しましたが、義理の兄が住んでいて困っています。
遺留分を請求する文書を送ってきたきり、電話メール手紙など連絡を取ろうにも逃げ回っていて連絡が取れません。代償に現金を用意することも出来ないが家を出るのも嫌だからだと思います。
借金を作り父が肩代わりしたりしていましたが、こちらとしては遺留分を払うことには依存ありません。
義理の兄はその不動産の土地を1/4持っているので調停ではなく共有物分割請求ができたら話が早いと思うのですが、無理でしょうか?

お教え下さい。宜しくお願い致します。

質問者すみ さん 質問日2009年8月30日

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2009年8月31日

1. 義理の兄に遺留分があるということは、その兄は先妻の子ですか?いずれにせよ亡父と血の結がりにある父、子でないと遺留分はありません。例えば、姉の夫には亡父に対し遺留分はありません。また、その義兄の借金を亡父が肩替わりしたとすれば、その分、義兄は生前に贈与を受けている(特別受益)ので、遺留分の額は、その分少なくなります。 

2. 共有物分割請求は出来ます。逃げ回っているとすれば、調停か訴訟によって請求した方が良いでしょう。調停は、結局話し合いがつかなければ、成立しませんが、訴訟の場合、話し合いがつかない場合は、裁判所は競売を命じ、競落代金を持分に応じて分けることになります。しかし、そこまでゆく前に、話がつくことが通例です。

 弁護士 山城 昌巳


弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2009年8月31日

最終目標が,不動産を取得して義理兄を追い出すこと
で,しかも最短を目指すなら,弁償金(民法1041)を
支払って(受領拒絶したら供託),明渡し請求でしょ
う。

共有物分割だと必ずしも,代償分割的に,不動産の
全持分を取得できるとは限りらないし(判例は一定の
要件を必要とする),仮に取得できたとしても,その
後,明渡しの訴訟か交渉をすることになりますから。

「すみ」さんが,不動産の取得にこだわっていないなら
義理兄の遺留分減殺を認めて,共有物分割請求でもいい
かと思います。

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年8月31日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 土地の面積がわかりませんが、分割した土地がそれぞれ単独で利用できないときは、共有物分割しても意味がないのではないでしょうか。
 又、義理の兄は相続人ではありませんので遺留分云々の話は理解できません。
 持分を買い取るか、逆に買い取ってもらうか、あるいは売却して分けるか、等の検討をした方がいいのではないでしょうか。
 税理士 高山秀三

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

共有物分割請求に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する