みんなの相続Q&A - 生前財産贈与の件

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ç”Ÿå‰è²¡ç”£è´ˆä¸Žã®ä»¶

キーワード

相続 贈与・生前贈与 相続財産

生前財産贈与の件

先般、私達兄弟の父が他界しました。父は離婚し、別の女性と籍を入れました。
私達兄弟も戸籍上は入っています。父の死亡後、遺書はなく、生前時に闘病生活が長かったため、退職金や預金を女性に移していました。
これから相続協議に入りますが、生前に父名義口座から移されたものは相続みなし財産としては認められないのでしょうか?
また、これから財産目録を作成するのですが、預金通帳など口座を隠したり、預金を別名義に移動させ隠すことに対し、法的ペナルティはあるのでしょうか?また、それを裁判所などから督促状をださせることは可能でしょうか?
少なく見せる方法はいくらでもあるのでそれをさせない方法があれば教えて下さい。

最後は、遺留分で請求するしかないのでしょうか?

質問者KIKI さん 質問日2008年5月24日

弁護士の回答

伊藤紘一法律事務所
専門家伊藤紘一法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2008年5月29日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

女性に移したのが贈与であれば、持戻し計算になり、単に名を借りたのなら、相続の対象その者になります。口座の提出命令は、その口座が特定されていませんと出来ません。

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

預金に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する