みんなの相続Q&A - 調停に関して

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > èª¿åœã«é–¢ã—て

キーワード

相続 遺産分割調停・審判 手続き 相続財産 弁護士費用 銀行預金

調停に関して

母が亡くなりました。父もいません。
相続人は兄弟3人で、兄が母と同居していました。
相続の話し合いをしているのですが、兄が通帳を見せてくれないので、預貯金残高が分かりません。一部の金融機関からは、通帳記録を入手したのですが、開示してくれないところもありますし、他の金融機関にも口座があるかもしれません。最後の手段で、家庭裁判所に調停を申し立てることになった場合についてお聞きします。
1.調停申し立ては、相続人一人でもできるのですか?
2.調停申し立て費用はいくらくらいですか?
3.その費用は、申し立てた人が支払うのですか?それとも相続人全員で支払うのですか?
4.調停を申し立てた場合、どういう手段で合意にもっていくのですか?
開示してくれない金融機関に開示命令が出されたり、他の金融機関にも口座がないか調べてもらえるのですか?
5.調停申し立てではそこまでしてもらえない場合は、他に方法はあるのですか?
素人の質問で申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

質問者しのぶ さん 質問日2009年8月23日

弁護士の回答

MAEDA YASUYUKI法律事務所
専門家MAEDA YASUYUKI法律事務所
回答日2009年8月23日

1 可能です。
2 印紙代と切手代で3000円程度です。
  但し,不動産鑑定等を行う場合には,別途費用を要します。
  また,弁護士に依頼をする場合には,別途弁護士費用を要します。
3 申立人です。
  但し,不動産鑑定を行う場合,相続人全員で折半することが多いです。
4 基本的には,調停委員を交えての話し合いです。
  口座の調査は,相続人であることを証明すれば,金融機関も開示するはずです。裁判所を通じて,「調査嘱託」という方法で,調査することも可能です。
  外に口座がないかどうかの調査は難しいです。色々と推測をして調査をするしかありません。

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2009年8月24日

1 調停は,1人でもできますが,相続人全員を相手とし
て申し立てます。

2,3 調停費用は数千円ですが,申立人が負担します。

4 調停はあくまで,調停委員を介した話し合いです。ただ,単純な話し合いで,合意に持っていければいいという
のではなく,調停委員が,裁判所の法的判断を当事者に
納得させるという手続でもありますので,任意の話合いと
は異なります。
 遺産調停は,現にある遺産財産をいかに分割するかとい
う話し合いの手続ですから,裁判所が遺産探しをすること
はありません。

自分で探して下さい。

金融機関が開示しないのは,担当者が開示義務があること
を知らなかったか,手続書類が整っていなかったかのどち
らかですから,ちゃんと説明して,開示してもらってたら
どうでしょうか。

5 自分で地道にがんばって探すしかないでしょう。

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2009年8月25日

1.できます。
2.3.数千円程度で、申し立てた人が支払います。
4.5.調停委員が、当事者双方の意見を聞き、遺産分割協議がまとまるように協力してくれます。調停は判決とか審判ではないから、当事者の合意がまとまらなければ成立しません。(不調)
裁判所は、金融機関を調べる等の調査はしません。当事者の方で調べる必要があります。相続人の1人には開示しないとしても、弁護士なら調停に必要という理由で開示請求が出来ます。(弁護士法§23の2)

弁護士 山城昌巳

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

調停申し立てに関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する