みんなの相続Q&A - 不動産の相続

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ä¸å‹•ç”£ã®ç›¸ç¶š

キーワード

相続 不動産の相続 争続・トラブル 代償分割・代償金

不動産の相続

子供2人で父が住んでいた家を相続し今後は私が住むことになりました。(母は既に他界しております。)

そこで家の名義は私とし、もう1人の相続人(弟)には現金を支払いたいと思い、弟に伝えました。
弟からは「現金はいらないが、家の名義人には自分も入れておいてほしい」との返事が来ました。

私としては将来のトラブル防止のため私1人の名義にしたいのですが弟の了解が得られない場合は不可能ということになるのでしょうか?

ご教示お願いします。

よろしくお願いします。

質問者にばあくつ さん 質問日2009年8月23日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2009年8月23日

1 任意の協議による場合
遺産分割協議は双方の合意なし成立しないので,同意が
得れない限り,1人名義にすることはできない

2 裁判所の審判を利用した場合
裁判所は安易に共有分割(共有名義にする分割)とする
ことはないから,質問者さんがそこに住む必要性とか代
償金支払が可能であることを十分立証されれば,1人名
義とする分割が認められる可能性は十分ある



個別の依頼,相談を検討の方は
ご連絡下さい。
峰岸法律事務所
弁護士 峰岸泉
電話03-3580-1415
e-mail minegishi26123@ybb.ne.jp

弁護士の回答

翔洋法律事務所
専門家翔洋法律事務所
回答日2009年8月26日

不可能ということはありませんが、弟がどうしてもその主張を曲げないならば、話し合いによる遺産分割は出来ないので、調停ということにならざるを得ないでしょう。調停も結局は、当事者間の合意が成立しないと不調となります。
さらに、審判手続となった場合、裁判所としてはあなたの主張どおり認める審判は先ず出来ないでしょう。
何故なら、審判は法規に従って判決するようなものですから、弟の権利を無視することは出来ません。
逆に、各1/2ずつ相続する弟の主張を認めざるを得ないことになります。というのは、各相続人は、相続開始時に相続財産につき法定相続分に応じた共有権を持つとされているからです。

弁護士 山城昌巳

税理士の回答

日本マネジメント税理士法人
専門家日本マネジメント税理士法人(過去掲載の専門家)
回答日2009年8月23日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

にばあくつ様

日本マネジメント税理士法人です。

まず、貴方と弟様とで「遺産分割協議書」を作成し、双方合意の押印をして完成する手続きにより相続財産(遺産)の分割と相続が完了します。家については、その「遺産分割協議書」をもって、相続による所有権移転の登記手続きをすることになります。

従い、弟様の遺産分割協議書への合意が必要です。

確かに将来のトラブルのもとになる可能性が残されますので、支払う現金の額やその他相続財産を含めて話し合いをされることをお勧めいたします。

専門家の回答

相続相談ステーション
専門家相続相談ステーション(過去掲載の専門家)
回答日2009年8月23日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

相続相談ステーションの毛利と申します。

ご質問の件ですが、確かに不動産の共有名義は
トラブルになり易いものです。

しかし、他の共同相続人(弟様)が
遺産分割協議で合意してくれなければ、
単独名義の登記は不可能です。

従って、もう少し弟様との話し合いが必要かと
思います。

税理士の回答

橘田秋彦税理士事務所
専門家橘田秋彦税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年8月23日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

分割に適さない財産とか不動産の有効利用を考える場合、代償分割によれば将来のトラブルが回避できるのですが。
現時点で代償分割の合意が取れないようですので、単独名義にはできません。将来共有を解消するときに譲渡所得もしくは贈与となるため、弟様と話し合いをされることをお勧めいたします。
 税理士 橘田秋彦

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年8月24日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 遺産分けはお二人の合意によるものですので、よく話し合う以外に方法はありません。
 住まない人の名義にするというのは合理的ではないように思います。共有にして売却しお金で分ける方法もありますが・・。
 結局は裁判になじむような事柄でもありませんので、合意される以外にないということでしょう。
 税理士 高山秀三

司法書士の回答

司法書士いがり事務所
専門家司法書士いがり事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年8月30日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

弟さんとの合意が無い限りは、
にばあくつ様と弟様とが2分の1ずつ相続するのが原則ですので、単独名義にするのは難しいでしょう。
遺産分割調停によって単独名義にすることを求める方法もありますが、時間と手間がかかります。

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

名義人に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する