みんなの相続Q&A - 父が養子である場合の、前妻と後妻の子供の遺産相続

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > çˆ¶ãŒé¤Šå­ã§ã‚る場合の、前妻と後妻の子供の遺産相続

キーワード

相続 遺産分割 不動産の相続 遺産相続の割合 養子縁組 異父・異母兄弟 後妻

父が養子である場合の、前妻と後妻の子供の遺産相続

妻の父は養子として前妻と結婚しました。前妻が死去したあと後妻を迎え、その後妻も死去しています。
前妻との間には女の子供が3人いて、長女(既婚)、次女(未婚)、三女(既婚)です。
後妻との間に、男の子供が一人、女の子供(既婚)が一人います。
父が死去した場合の子供5人の財産相続についてお教え下さい。

不動産は、前妻の名義が未婚の次女に書き換えられています。(再婚後、不動産の増加は無いものとします)

再婚時、後妻の実家から援助を受けるような時期もあり、現在の動産(お金)は父と後妻によって形成されたものと思われます。

遺言が無い場合、動産は5人の子供で均等と考えてよいでしょうか?
不動産は、結婚する前の前妻が所有していたものですが、前妻の子供のみが相続する権利を有するものでしょうか?
父の意向で次女の名義にしたようですが、動産の分配に関して、この不動産の権利移転を考慮することはできますでしょうか?

質問者玉屋 さん 質問日2009年8月17日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2009年8月18日

法定相続分は、原則5人均等。

前妻の不動産は、子どものみが相続するわけではあり
ませんが、前妻の相続時の遺産分割協議により、子ども
が当該不動産を取得することは可能です。

前妻の相続時に不動産を前妻の次女が取得したことを
父の相続時に考慮できないかという点ですが、特別受
益と言えれば、その可能性もない訳ではないですが、
典型的な贈与でないため、必ずしも認められるわけで
はありません。

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年8月18日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

相続財産の取得は相続人の話し合い(遺産分割協議)による遺産分割協議書の作成により行います。この話し合いの合意内容によって自由に分けられますが、合意に至らないときは法定相続分で分けることになります。
 不動産は二女の方に名義変更されたということは、その時点で相続が終わっています。(名義変更には相続人の合意があり、皆さんも印鑑証明等も提出しているはずですから)
 遺産分割協議において、それらの事情を考慮して皆さんで合意ができれば分け方は自由ですから、円満に合意できる方法を相談してください。
 税理士 高山秀三

専門家の回答

相続相談ステーション
専門家相続相談ステーション(過去掲載の専門家)
回答日2009年8月23日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

相続相談ステーションの毛利と申します。

まず、不動産についてですが、次女様名義で
移転登記が完了しているということは
不動産に関しては遺産分割協議が完了している
ということになります。

動産(お金)についてですが、義理のお父様が
お亡くなりになった場合は5人のお子様が
平等の権利を有しております。

従って、義理のお父様がまだご健在であれば
前妻のお子様の遺留分を侵害しないような
遺言書を作成されるのも一つの方法かと思います。

また、それが不可能な場合は、動産に関しては
後妻様のご貢献を強調し、話し合いの中で
前妻のお子様にご納得して頂くよう努めてみては
いかがでしょうか。

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

前妻に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する