みんなの相続Q&A - 生前に引き出されたお金

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ç”Ÿå‰ã«å¼•ãå‡ºã•ã‚ŒãŸãŠé‡‘

キーワード

相続 遺留分 遺産分割 遺産分割協議 不当利得・横領 銀行預金 相続権と相続順位

生前に引き出されたお金

5月に主人の母が亡くなりました。主人は姉、兄、妹の4人兄弟です。姉が母と同居していました。遺産分割協議はおこなわれていませんが、いくつかの金融機関の預金を引き出す為の書類を渡され、実印を押しました。主人は3人の兄弟はとは絶縁状態です。遺産の話をしたいと姉に言いましたがいまだ行われていません。どのくらい預金があったかも教えてくれません。金融機関に問い合わせ、調査を行ったところ、姉が母と同居し始めた14年から多額のお金が母の預金から引き出されていることが分かりました。年間300万ぐらいを、7年間すこしずつ引き出しており、総額2000万ぐらい引き出されていることがわかりました。主人以外の3人は仲良しで3人だけで分けた可能性もあります。連絡を取ろうにも一向に話し合いに応じません。いくら仲が悪くても、主人にも受け取る権利はあるはずです。どのようにすればよいでしょうか。回答を宜しくお願いします。

質問者こまったさん さん 質問日2009年8月15日

弁護士の回答

MAEDA YASUYUKI法律事務所
専門家MAEDA YASUYUKI法律事務所
回答日2009年8月15日

お母様の生前に引き出された預金2000万円ですが,その引き出し行為を誰が行ったのか,「姉が引き出した」と言えるのかが問題となります。
 金融機関への調査によって,「姉が引き出した」ということが証明できるようであれば,次に,この引き出し行為がお母様の意思に基づいているか,それとも無断で引き出されたのかが問題となります。
 この証明は,死人に口なしですから,かなり困難となります。
 無断で引き出したことが証明できるようであれば,お母様が姉に対して,不当利得返還請求権という権利を有していることになり,これを各相続人が相続によって承継することになります。
 無断で引き出したことが証明できないのであれば,お母様の意思に基づいて引き出したことになるでしょうが,その引き出したお金がどのように使われたかが問題となります。お母様の生活費に使われたのか,それとも姉に贈与されたのか。
 お母様の生活費等に使われたのであれば,何も主張することはできません。
 もし,姉らに贈与されたのであれば,それがご主人の遺留分を侵害しているようであれば,「遺留分減殺請求権」を行使することができます。
 この遺留分減殺請求権は,お母様が亡くなった時から(正確ではありませんが,とりあえず亡くなった時からと考えていただければ安全です。)1年で時効消滅しますので,注意して下さい。遺留分が侵害されているかどうかの計算は複雑ですから,遺留分が侵害されているかどうかわからない場合でも,念のため,内容証明郵便で遺留分減殺請求権を行使するという内容の郵便を発送しておくと,この消滅時効を避けることができます。

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2009年8月17日

絶縁状態で,遺産がどれくらいか判らない
のに,なぜ,実印を捺したのか判りません
が,それはさておき,

少なくとも,お母様が,お姉さんらにお金を
あげていたことを立証しなければならず,
それだけの証拠集めが,まず必要でしょう。

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年8月15日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 預金を引き出すための実印というのは、金融機関にとっては、遺産分割協議の確定と同じ効果を生み、移す口座の人に相続させることに皆さんが同意する旨の内容の書面だったと思います。
 その書面にもそのように記載があったと思います。預金の相続について問題を持ち出すのであれば、署名、実印の押印、印鑑証明は渡すべきではありませんでした。
 ご主人はその書面に同意された時点で預金の相続をしない(姉が相続することに同意する)意思表示をしたことになるでしょう。
 過去に引き出した預金の行方等については、よく話し合うことです。兄弟姉妹の仲が悪いことは第三者には何の抗弁にもなりません。仲良く話し合ってください。遺産分けの基本は相続人の話し合いで、遺産分割協議書によることです。
 それでも、解決できなければ家庭裁判所に調停等の申し入れをする以外にないでしょう。
 税理士 高山秀三

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

預金に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する