みんなの相続Q&A - 養子縁組について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > é¤Šå­ç¸çµ„について

キーワード

相続 負債・借金 養子縁組 異父・異母兄弟 後妻

養子縁組について

先月、52歳の父が3人の子連れの方と知らないうちに籍を入れ養子縁組をしていました。
僕は27歳で結婚しています。
養子縁組についてメリット、デメリットを教えて下さい。義理母が借金した場合私も関係あるのでしょうか?お願いいたします。

質問者スティッチ さん 質問日2009年8月8日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2009年8月8日

縁組の効果は,血族間と同じ親族関係になり,養子は,
養親の嫡出子になり,それに伴い,相続や扶養義務等
が生じます。
メリット・デメリットは,人それぞれでしょう。
義母の借金は関係ありません。

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年8月8日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

養子縁組した後は養親の嫡出子(実子)の身分を取得します。
将来お父様の相続においては、配偶者と実子が多くなりますので、相続税は軽減されるのはメリットですが、相続人の取得財産が減少するのがデメリットです。
 ただ、義母と貴方は養子縁組しない限り、他人ですので義母が借入金等を作っても、あなたが相続することはありません。
 税理士 高山秀三

税理士の回答

橘田秋彦税理士事務所
専門家橘田秋彦税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年8月8日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

 どのような意図で養子縁組されたかわかりませんが、養子になった方は相続において実子と同じに扱われます。

メリットは、相続税の基礎控除額が増えるので税負担が軽くなることです。養子は当然遺産分割協議に参加できる。
デメリットは、利害関係者が増えて遺産分割協議がスムーズに行なうことができない危険性が増えることでしょう。

あなたが父上様と同居されていないと、生前に財産が養子に贈与されてしまって無くなるとか、特に預金などを勝手に他人名義にされてしまうようなことも、注意しないといけない点でしょう。もし義母の借金返済に使われてしまっても分からないという不安があります。

  税理士 橘田 秋彦

専門家の回答

相続相談ステーション
専門家相続相談ステーション(過去掲載の専門家)
回答日2009年8月8日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

相続相談ステーションの毛利と申します。

養子縁組のメリット・デメリットとは
スティッチ様にとってのものでしょうか?

そうであるならば、
メリットとしてはお父様の相続が発生した場合に
相続税の計算上、法定相続人の数が1人増えることとなり、
相続税の基礎控除額が1000万円増えるため
相続税が軽減されるという点ではないでしょうか。

また、デメリットとしては、養子は養親の実子
(嫡出子)とまったく同等に扱われますので
スティッチ様の相続分が減少する点ではないでしょうか。

なお、義理のお母様の借金等はスティッチ様とは関係ありません。


税理士の回答

長嶋佳明税理士事務所
専門家長嶋佳明税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年8月13日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

スティッチ様
兵庫県芦屋市の税理士、長嶋と申します。

養子縁組をしますと、実子と同じ扱いになります。
もし相続が発生したとき、スティッチ様が相続できる財産が少なくなるのがデメリットかと思われます。

なお、義母の借金は関係ありません。

司法書士の回答

酒井司法書士事務所
専門家酒井司法書士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年8月15日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

養子は養親の相続については実子と同順の相続人となり、法定相続分も同じです。
しかし、相続税の基礎控除の計算では実施がいる場合は用紙は1人までしか算入されません。
父の再婚相手と養子縁組していなければ、その人が借金をしてもそれをあなたが相続することはありません。

~酒井司法書士事務所~
伊勢原市、厚木市、平塚市、秦野市、横浜市、その他神奈川県全域及び近隣都県を中心に業務を行っております。お気軽にご相談ください。
http://www.sakaioffice.net/

司法書士の回答

司法書士いがり事務所
専門家司法書士いがり事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年8月16日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

養子縁組することによって、養子となった方にもお父様の推定相続人となり、お父様が亡くなった場合に相続する権利を持ちます。
一方、お父様の扶養義務など、お子様であるスティッチ様と同様の(家族としての)義務も発生します。
養子縁組するか否かは、原則としてお父様の意思に委ねられていますので、それを止めることはできません。

また、義理のお母様の借金については、スティッチ様は一切関係ありません(義理のお母様がなくなられても、その借金返済義務を相続するのはお父様と養子たちです)

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

養子縁組に関連する相続Q&A
  • 代襲相続について
    元夫が亡くなり、後妻の子2名と前妻の子1名の4名で相続は完了しましたが、  ...
  • 相続人について
    初めまして。この度父が亡くなりました。(すでに母は亡くなっています)  ...
  • 財産分与について
    母は50年程前に離婚しており後妻に入り義息子夫婦と暮らしておりました。  ...
  • 相続放棄について
    相続放棄についてお教えください。 A男とB子は夫婦です。  ...
  • 母との口約束
    両親が連れ子同士の再婚です。この度、母、父と相次いで他界致しました。母に  ...
  • 相続放棄について
    相続放棄についてお教えください。 A男とB子は夫婦です。  ...
  • 養子縁組解除
    養親が死亡。その後縁組解除を家庭裁判所に申請せず現在に至る。  ...

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する