みんなの相続Q&A - 商売道具も申告するのですか

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > å•†å£²é“具も申告するのですか

キーワード

相続 相続税 相続財産 財産評価

商売道具も申告するのですか

父の相続のことで質問させてください。父は晩年アパートを2箇所にもっていて、どうも相続税がかかるようなのですが、若いころから儲からない家具職人を自宅でしてました。機械とか工具とかトラックとか仕入れた材料が450万くらいあるみたいなのですが、子供たちはみんなサラリーマンですので、誰も家業を継ぎません。
思い出深い工具などは取っておこうかなとはおもいますが、誰も使うあての財産についても、相続財産として申告しなければいけないのでしょうか、ちょっと疑問です。

質問者太郎 さん 質問日2009年7月31日

税理士の回答

橘田秋彦税理士事務所
専門家橘田秋彦税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年7月31日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

個人でご商売されてた方は、相続財産で【事業用財産】の申告が必要になります。例えば在庫品、売掛金、商売用の現金、買掛金、保有している減価償却資産などです。もちろん店舗など不動産は土地建物で申告します。  相続後利用されるかにかかわらず、所得税の確定申告の貸借対照表に上げられている財産は財産価値ありで基本的に申告することになります。
税理士 橘田秋彦

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年7月31日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

相続税においては一定の非課税財産を除きすべての財産債務が相続税の対象となります。
 事業者の資産(商品、仕掛品、棚卸資産、原材料、売掛金、借入金、未払金)などすべて相続税対象として、相続開始時の時価を見積もって申告します。
 税理士 高山秀三

税理士の回答

長嶋佳明税理士事務所
専門家長嶋佳明税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年8月1日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

太郎様
兵庫県芦屋市の税理士、長嶋と申します。

相続は、亡くなられた方の財産・債務をすべて引き継ぎます。
それは、商売上かどうかは関係なく、故人の財産であれば、相続の対象になってしまいます。

専門家の回答

相続相談ステーション
専門家相続相談ステーション(過去掲載の専門家)
回答日2009年8月1日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

相続相談ステーションの毛利と申します。

相続財産についてですが、非課税財産を除き
被相続人が死亡時に所有していた
金銭に見積もることのできるすべての財産が
課税対象とされます。

従って、不動産や金融資産のみならず、
商品、製品、半製品、仕掛品、原材料等の
棚卸資産及び機械器具等の減価償却資産も
事業用財産として課税対象となります。

相続税の申告が必要であるならばこれらも
相続財産として申告する必要があるかと思います。



各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

相続に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する