みんなの相続Q&A - 預貯金について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > é è²¯é‡‘について

キーワード

相続 相続財産 銀行預金

預貯金について

寝たきりの父名義の銀行口座はすべて母が管理し、残高証明は200万ほどでした。相続財産は不動産と現金はこれだけだといいます。父には年金とアパート収入で700万円ほどあります。入院費は年250万円、固定資産税、健康保険は父母が自分で払っていました。生活費としては長男の私と同居しているでそれ程かからないと思うので残りはたぶん母名義になっていると思います。このような場合、母名義の預貯金は相続の対象となるでしょうか。もしなるとしたら、3年分でいいのでしょうか。

質問者ロン さん 質問日2008年5月18日

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2008年5月19日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

お母様名義の預貯金は、過去に贈与等があったものではなくいわゆる家族名義の財産ということでお父様の相続財産となりましょう。単にお父様に代って預貯金の管理をされていたのでないでしょうか。
 もっとも、お母様の年金等でできている部分等は除かれます。
 家族名義と判断されれば、過去3年とかのしばりはなく、お母様に帰属する年金等でできた部分を除き、全額が相続の対象となります。

税理士の回答

大島庸生税理士事務所
専門家大島庸生税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2008年5月21日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

お母様名義の預貯金については、まず、お母様に預貯金を形成するだけの収入があったか否か、婚姻前から有する預貯金財産(お母様が直系の相続により得たものとか贈与により得たもの、はたまた婚姻前の労働の対価として得た収入により形成された財産)であるかが問題になります。

仮に、お母様名義の預貯金が婚姻前からのものでなく、お父様と婚姻を結ばれた後に得た財産で、特段、お母様には財産を形成するような収入がない場合には、お母様名義の預貯金はお父様の収入から拠出されたものと判断され、お父様の相続財産となります。

弁護士の回答

伊藤紘一法律事務所
専門家伊藤紘一法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2008年5月26日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

文章が不完全で良くわかりませんが、お父さんが亡くなった前提として答えます。母名義の預金は、お母さんが死んだのではないので、相続の対象になりません。生前贈与の持戻しを言うなら、3年に限りません。

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

預貯金に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する