みんなの相続Q&A - 一人で相続したがる叔母

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ä¸€äººã§ç›¸ç¶šã—たがる叔母

キーワード

相続 遺産分割 争続・トラブル

一人で相続したがる叔母

祖父が亡くなりました。祖母は既に亡くなっており、母と叔母の2人が遺産相続人になるようです。

祖父はもともと田舎に暮らしており母が定期的に面倒を見に通っていましたが、急に足が悪くなったことで2日前に叔母の家に来たところでした。その際数百万の通帳を叔母に預けていたらしいです。
また、以前田舎に帰った際に保険の受取人等も全て叔母の名前に書き換えたそうです。

祖父が亡くなった今、叔母はすぐに田舎へ戻り、家の処分など全て母抜きでやるつもりらしいです。母も思い出のある家ですし一緒に行って姉妹でやろうと話したそうですが、石屋さんや不動産屋さんなどすべて知り合い一行(叔母の娘が水商売をしており、その繋がりですべて知り合いがいるようです)を連れて行くので、母はいらないと言われました。

叔母は気が強く、更にその息子もガラが悪く怖いので、きちんと話し合うことすらできそうにありません。

このまま叔母がすべて処理した場合、祖父の遺産はすべて叔母のものになるのでしょうか?
今までにも母はこの叔母にお金をだまし取られたりしているので、なんだか嫌な気持ちです。

質問者巧美 さん 質問日2009年7月30日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2009年7月30日

こちらが判を押さなければ,叔母さんは何もできません。
順序として,まず,遺産をどのように配分するか,家を
どう処分するか等を決めて,書面化(重要!)してから
手続を行えばいいのです。

自分で,叔母さんと直接やり取りしたくないのであれば,
専門家等の代理人を立てるしかないと思います。



個別の依頼,相談をお考えの方は
ご連絡下さい。
峰岸法律事務所
弁護士 峰岸泉
Tel.03-3580-1415
e-mail minegishi26123@ybb.ne.jp

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年7月30日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

親の遺産を相続するには、遺言書がないときは相続人全員で遺産分割協議をし、その合意内容を文書にした遺産分割協議書を作ります。
 遺産分割協議書には、相続人全員が署名、実印の押印、印鑑証明書の添付が必要ですので、それらをしなければ叔母が一人で相続することはできません。
 従って、署名、実印の押印をするときにはその内容をよく確認し納得してからでないと、しないほうがいいでしょう。
 しかし、未だに受益証明書「過去に十分も貰っているので今回は何もいりません」という趣旨の文書に実印を押させて済ませる方法もありえます。これは相続人単独の書類ですから、遺産分割協議書との違いをよく見極めて判断してください。
 税理士 高山秀三
 
 

税理士の回答

辻・本郷税理士法人 本部
専門家辻・本郷税理士法人 本部(過去掲載の専門家)
回答日2009年7月30日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

巧美様

遺産分割以前におけるお祖父様の遺産は、相続人であるお母様と叔母様との共有財産になります。

通常、相続人間の協議により遺産分割を行い、遺産分割協議書を作成いたします。

遺産分割協議書には、相続人全員の押印が必要になり、遺産分割協議書に押印する印章は、相続人の住所地の市町村長の印鑑証明のある印を使用します。

不動産の名義書換等には、この遺産分割協議書が必要となりますので、遺産分割が成立する前に、お祖父様の遺産を全て叔母様の財産にするのは難しいと考えられます。

ただし、生命保険金につきましては、基本的に契約上の受取人である叔母様の財産となります。

民法で規定する法定相続分により、お母様はお祖父様の相続財産の1/2を取得する権利がありますが、このような状況ですと、お母様と巧美様は気が気でないでしょう。

叔母様とお話し合いをされるのが一番ですが、それが難しい状況であれば、弁護士を通して遺産分割の手続きを進めることをお勧め致します。

なお、お祖父様の相続財産の合計額によっては、相続税が発生する可能性もございますので、お気軽にご相談下さい。


辻・本郷税理士法人 相続事業承継部
近岡三喜子

司法書士の回答

酒井司法書士事務所
専門家酒井司法書士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年7月31日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

祖父名義の預金や不動産は、相続人の1人である、あなたの母が遺産分割協議書や銀行の所定の書面等に押印しない限り、あなたの叔母が勝手に預金の引き出しや不動産の売却等の処分することはできません。
遺産分割協議書や銀行の所定の書面等に押印するのは、預金残高やその他財産の所在などを明らかにしてからにするべきです。

~酒井司法書士事務所~
伊勢原市、厚木市、平塚市、秦野市、横浜市、その他神奈川県全域及び近隣都県を中心に業務を行っております。お気軽にご相談ください。
http://www.sakaioffice.net/

専門家の回答

相続相談ステーション
専門家相続相談ステーション(過去掲載の専門家)
回答日2009年8月1日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

相続相談ステーションの毛利と申します。

まず、保険についてですが
生命保険金は通常、受取人の固有の財産ですので
これに関しては叔母様の財産ということになります。

しかし、その他の財産に関しては、遺言書がなければ
お母様と叔母様がそれぞれ1/2ずつの
法定相続分の割合で権利を有しており、
通常、遺産分割協議により遺産分割協議書を作成し、
どのように財産を相続するのかを決めることになります。

従って、遺産分割協議書に署名押印しなければ
叔母様が1人ですべての財産を相続することは
できませんし、単独で不動産を処分することもできません。

ですので、遺産分割の内容に納得がいかないような場合は
絶対に署名押印しないことです。

なお、預貯金等のすべての相続財産を叔母様に
開示して頂く必要がございますが
通帳に関しては、生前から叔母様にお渡ししていた
とのことですので、口座が凍結する前に
叔母様が引き出している可能性もございます。

従って、死亡日現在の残高証明のみならず
それよりも以前の入出金等の履歴もきちんと
把握する必要があるかと思います。

失礼かもしれませんが、文面から推測すると
叔母様が正直にすべての財産を開示するとは
あまり思えませんので、場合によっては
代理人等を立てる必要があるかもしれません。


各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

叔母に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する