みんなの相続Q&A - 遺言と成年後見

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > éºè¨€ã¨æˆå¹´å¾Œè¦‹

キーワード

相続 遺留分 遺産分割 遺言と遺言書 遺産分割協議 不動産の相続 成年後見人・任意後見人 遺贈 遺留分減殺請求 銀行預金

遺言と成年後見

 義父は余命6ヶ月と宣告され、遺言書を書くことになりました。
 相続人は、私(長男の嫁)が成年後見をしている義母と長男(私の夫)と妹の3人です。
財産は、現預金が1500万円程度と現在居住している一筆の土地80坪のみで、その土地の上に義父の居宅と、私たち所有の居宅が2棟建っています。
義母は認知症で要介護4、意思の疎通は不可能な状態で、現在介護つきの老人ホームに入居しております。
むこう10年位の生活費は義母固有の財産として所有しており、義母には前夫との間に子供が一人います。
 そこで、義父は長男である夫に「母親の生存中は面倒を見る」事を条件に土地、建物(義父の居住)をすべて長男に遺贈する、現預金は義母に4分の1、妹に4分の3相続させる旨の遺言書を書こうとしています。
 この場合、もし検認を受けて正式な遺言書と認められても、私は義母の後見人ですので、長男である夫に対し、「遺留分減殺請求」をして、少なくとも土地の4分の1の請求を必ずしなくてはならないのでしょうか。
それとも裁判所から指示があるのでしょうか。
その場合裁判所にはどの時点でどう報告するのか。
また、減殺請求をした後は、義母の後見人である私と長男である夫、妹の三人で分割協議を行い、義母の遺留分に値する土地の持分なりを相続する旨の分割協議書を作成すればよいのでしょうか。
 義母の子供のことは夫も妹も全く聞かされておらず、つい最近知ったし、義父も土地をこのまま夫に相続してもらいたいのが正直な気持ちのようです。
 私の立場もありどのような遺言書を書くのが一番いいのか悩んでおります。
宜しくご教示ください。

質問者良子 さん 質問日2009年7月28日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2009年7月29日

要するに現段階で言えることは

1 義母は今後何年生きるか判らない(10年以上かも)
2 義父が亡くなられた時点での義母の資産状況は不確定
3 義母は老人ホームに入っているため,長男である夫が
 直接面倒をみるわけでないため,義母にとっては,老人 
 ホーム入居費用の確保が重要
4 他方で,義父がどのような遺言を書くかは,自由であ
 り,他者(後見人も含む)は口出しできない

ということなわけで,敢て後見人とし採るべき態度を
聞かれるならば

1 遺言書の作成に関わらず,アドバイスもしない
2 実際に義父が亡くなられたときに,遺留分減殺
 請求権を行使するかどうかは,その時点で裁判所
 と協議して決める

というしかないでしょう。

義父が亡くなられたときには,裁判所に報告のうえ,
遺留分減殺請求権を行使する必要がなければ,その旨
説明して,判断を仰ぐしかないのでは?

実際に,遺留分減殺請求をしなければならないとこに
なったときは,成年後見監督人を選任して,同監督人
が,被後見人を代表して,遺留分減殺請求をするなり
遺産分割協議をすることになると思います。

弁護士の回答

市ヶ谷駅前法律事務所
専門家市ヶ谷駅前法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年7月29日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

良子 様

養父の相続財産の内容、及び予定されている遺言の内容について、詳細な事情は分かりませんが、成年後見人が必ず遺留分減殺請求権を行使しなければならないという規定はありません。
遺留分減殺請求の後に、遺産分割という形を採ると、手続面も含めて面倒だと思います。

具体的なご事情や希望をお話いただいて、専門家にご相談するのがよろしいかと思います。

弁護士 大熊 裕司

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

遺言書に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する