みんなの相続Q&A - 財産分与

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > è²¡ç”£åˆ†ä¸Ž

キーワード

相続 遺産分割 養子縁組 不動産の相続 寄与分 銀行預金 葬儀費用

財産分与

先日父が亡くなり財産分与を行います。
相続人は母と子どもたち4人です。

父が亡くなる2か月前に祖母が他界しており、その相続も済んでいません。
祖母は結婚後、養子を貰いその叔父と同居していました。

実子は父だけですが祖母が未婚だった為、生まれて間もなく養子にだされました。

叔父は、預貯金から葬儀その他費用、今後の法事5回分、生前の寄与分を引くと言っています。
土地は叔父が言うには住んでいる家にも名義がありますが、関係ないといいます。

叔父の主張は正当ですか?


質問者わた さん 質問日2009年7月26日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2009年7月27日

葬儀費用や法事費用をどれだけ引いたらいいか
明確な基準がある訳ではありません。
寄与分も叔父さんが寄与分といっているものが
果たして寄与分なのかも判りません。
中身をよく検討して,話し合われたらいかがでしょうか。

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年7月27日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

まず、些細なことですが、財産分与とは離婚に伴う夫婦間の財産分けのことですので、この場合は遺産分け(遺産相続)といいます。
 預貯金の分ける考え方は叔父にいうことは通常のことでしょう。
 土地建物は相続財産ですが、祖母との同居、祭祀の承継、等から考えると、誰が相続するのがいいか、という点を考えてください。
 家庭の事情、祖母の財産の金額、今までの交流の程度等が詳しくわかりませんので、適当な回答はできません。
 不動産は相続人全員の合意がないと名義変更はできませんので、よく話し合って理解するまでは署名、実印の押印、印鑑証明書は渡さないことです。
 税理士 高山秀三

税理士の回答

長嶋佳明税理士事務所
専門家長嶋佳明税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年7月27日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

わた様
兵庫県芦屋市の税理士、長嶋と申します。

遺産分けは、相続人の話し合いですべてが決まります。

預貯金から、葬儀・法事の費用を精算した残りを分けることは一般的にも行われていることだと思います。
ですが、生前の寄与分を金額に置き換えることは難しいと思います。具体的な根拠を叔父様からお聞きする必要があると思います。

不動産の名義についても、話し合いで決めることになります。

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

叔父に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する