みんなの相続Q&A - 遺産分割

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > éºç”£åˆ†å‰²

キーワード

相続 遺産分割 遺産分割協議 遺産相続の割合 遺産分割調停・審判

遺産分割

従兄弟4人で叔父の遺産を相続することになりました。遺産が1200万円あるとして一人が600万円要求しています。その人は残り600万円を3人で均等に分けてほしいと言っていますが、家庭裁判所による調停になった場合、私以外の3人がその意見に賛成すると、私は、200万円となってしまうのでしょうか。また、調停では、自分が相続する分(したい分)だけでなく、「誰々を多く」または、「誰々を少なく」というように他人の相続分の増減を主張できるのでしょうか。

質問者カナリア さん 質問日2009年7月9日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2009年7月10日

遺産分割は、調停であれ審判であれ、多数決で
決まるものではありません。

法定相続分割合と異なる遺産分割を主張する
ためには、法的な根拠を示さないと、調停
委員にも審判官にも相手にされませんよ。

心配しなくてもいいのではないでしょうか。

自分の分は減らして、その分を特定の誰かを
多くして、というくらいは認めれられるかも
しれませんが・・・

司法書士の回答

司法書士いがり事務所
専門家司法書士いがり事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年7月9日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

カナリア様、こんばんは。
司法書士の猪狩と申します。

ご質問の件ですが、
調停では、当事者全員の合意が無ければ調停不成立のまま終了し、
その後の審判手続き、さらには裁判手続きに移行しますから、
他の3人がその案に賛成でも、カナリア様が賛成しなければ、
カナリア様の相続分が200万円とする調停が成立することはありません。

調停においては、叔父様の生前の事情、たとえば

・他の兄弟に比べて600万円を要求される方が叔父様の介護を厚くしていた

・兄弟4人のうち1人が叔父様より生前贈与を受けていた

・叔父様に対して生前冷たくしていた、暴力を振るっていた

等々、さまざまな事情を総合的に考慮した話合いが行われます。
ですので、亡くなられた方への寄与度などを考慮し、自分だけではなく他人の相続分の増減を主張すること自体は、可能です。

回答は以上になります。ご不明の点がございましたらお気軽にお問い合わせください。

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年7月10日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

相続人4人で話し合って遺産分割協議書を作成しその合意内容に従って分けることになります。 法定相続分は従兄弟はすべて同順位ですから300万円づつになりますが、600万円を要求している人に理由があるのでしょうか。
 家庭裁判所の調停に持ち込んだ場合、特別な理由がなければ法定相続分に近い割合で和解等する例が多いようです。
(被相続人に対する貢献度、祭祀の承継の有無、生前に財産を貰った人がある場合などにおいては差はつきますが)
 税理士 高山秀三

司法書士の回答

司法書士法人新宿事務所
専門家司法書士法人新宿事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年7月10日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

カナリア様

はじめまして、司法書士法人新宿事務所でございます。

遺産分割の調停では、当事者全員の合意が無ければ調停不成立となります。
従って、カナリヤ様の合意無しに相続分が200万円となることはありません。

調停では、法定相続の割合で落ち着くことが多いですが、それ以外の割合を主張されることも可能です。
ただし、きちんとした根拠がないと認められないと思われますし、話し合いがまとまらない場合は、
調停不成立となり、裁判となっていきます。

他にもご相談等ございましたら、お気軽にご連絡ください。

http://www.e-hihoushoshi.com/souzoku/

税理士の回答

長嶋佳明税理士事務所
専門家長嶋佳明税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年7月11日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

カナリア様
兵庫県芦屋市の税理士、長嶋と申します。

調停は、円満な解決をするために話し合いをする場所です。
お一人でも納得できないようですと、調停は不成立となります。

他の相続人の相続分を増減させることについては、それを主張される方がそれなりの根拠や証拠を集める必要があります。証拠が集まるようでしたら、主張が認められる可能性はあります。

専門家の回答

相続相談ステーション
専門家相続相談ステーション(過去掲載の専門家)
回答日2009年7月12日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

相続相談ステーションの毛利と申します。

調停による遺産分割(調停分割)では
共同相続人全員の合意がなければ成立しません。

従って、納得できなけてば合意しなければよい
ということになります。

実際は、法定相続分の割合で話をまとめる傾向にあるかと思います。

なお、調停分割が調わない場合は、
自動的に審判による遺産分割(審判分割)に移行します。

審判官は、それぞれの主張を受け、証拠調べをし、
財産の種類や性質、各相続人の職業等
その他一切の事情を考慮して審判を下します。
もし、不服があればさらに高等裁判所で争うことになります。

共同相続人の一人が財産の半分を要求しているのには
何か特別の理由があるのでしょうか?
時には譲り合うことも必要かと思いますので
感情的にならず円満な話し合いを行うよう心がけて下さい。

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

誰々に関連する相続Q&A
  • 相続人全員とは
    成年後見人で質問した者です。 早い回答ありがとうございます。  ...

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する