みんなの相続Q&A - 子供がいない夫婦が同時に亡くなった場合の遺産相続

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > å­ä¾›ãŒã„ない夫婦が同時に亡くなった場合の遺産相続

キーワード

相続 遺産分割 遺産相続の割合 相続権と相続順位

子供がいない夫婦が同時に亡くなった場合の遺産相続

私共夫婦には子供がおりません。夫である私には母親と姉がおります。家内にも両親と妹がおります。今、海外赴任ですが、万が一夫婦共、事故等で死去した場合の遺産は、どのようになるのでしょうか。現在、「私の死去による遺産は全額家内へ」との遺言状を作成済みですが、場合によっては「遺言状」の書き換えは必要でしょうか。私の希望は、私側と家内側が半分ずつ相続できればと考えております。よろしくお願い致します。

質問者スギサク さん 質問日2009年7月8日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2009年7月9日

現在の遺言のままでは,ご希望の相続はできません。

ただ,

同時に亡くなるかは,判りませんし,遺留分権利者が
減殺請求を行使するかどうかも判らないので,すべてに
場合を想定して,対応するのも,また簡単ではありません。

しかしながら,

夫(ないし妻)死亡後の,妻(ないし夫)への相続させる
分を法定相続分(2/3)のみで構わないのであれば,

ちょっと,思いつきですが

1 配偶者に法定相続分(2/3)を相続させる。
2 残り(1/3)を,遺言者の遺留分権利者(親)と
  配偶者側の誰かに均等に(1/6ずつ)遺贈する。
3 遺言者死亡以前に配偶者が亡くなった場合は,配偶者
  取得予定分(2/3)を遺言者の遺留分権利者と配偶者
  側の誰かに均等に(1/3ずつ)いくようにする。
4 遺言者死亡以前に遺留分権利者(親)が亡くなった
  場合は,その方が取得する予定だった分は遺言者の
  兄弟姉妹等にいくようにする。

というような内容の遺言書を,夫,妻でそれぞれ作るのも
一つの方法でしょう。

司法書士の回答

司法書士いがり事務所
専門家司法書士いがり事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年7月8日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

スギサク様

こんにちは。司法書士の猪狩と申します。

ご質問の件ですが、まず事故等でご夫婦が同時に亡くなられた場合は、
遺言書が今のままですと、


・スギサク様の財産は
 スギサク様のお母様(もしそれ以前にお母様が亡くなられている場合は、スギサク様のお姉様)が相続し、

・奥様の相続人は
 奥様のお母様(もしそれ以前にお母様が亡くなられている場合は、スギサク様のお姉様)相続する

となります。

もし、ご想定されている不慮の事故のようなケースで、
スギサク様の相続人と奥様の相続人とに2分の1ずつ財産を分けたい
というご要望であれば、遺言書にてその旨を記載する必要があります。

・スギサク様ご夫婦が同時に亡くなられた場合、
・スギサク様が先に亡くなられた場合、
・奥様が先に亡くなられた場合、

など、いくつか想定できるケースに応じて場合分けし、
どのようなケースでもスギサク様の意思が反映されるような遺言書に書き換えられることをお勧めいたします。
(考え出すと、結構複雑になります)

なお、遺言書の書き換えは、いつでもできます。
原則として一番新しい日付のものが有効になります。
中には、毎年遺言書き換えをされる方もいらっしゃるほどです。

回答は以上となります。
ご不明の点がございましたら、お気軽に御問い合わせください。

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年7月8日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

死亡時期が1秒も違わずまったく同時のときは、ご夫婦はお互いに相手の財産を相続しないことになります。
 そうしますと、貴方の財産は貴方の相続人(お母様、お母様が亡くなられれいるときはお姉様))に、奥様の財産は奥様の相続人(ご両親、ご両親が亡くなられているときは妹さん)にいくことになります。
 貴方の財産の半分を奥様のご親族に渡すというのであれば、生前に奥様か奥様の親族に贈与するとかの方法で奥様に半分移しておくことが必要でしょう。
 同時に死亡したときは、現在の遺言書は無効になりますので、同時死亡のときは誰に何を相続させるかを追記等で記載する必要があります。
 税理士 高山秀三

税理士の回答

日本マネジメント税理士法人
専門家日本マネジメント税理士法人(過去掲載の専門家)
回答日2009年7月9日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

遺言の対象者である奥様が、ご主人と同時に亡くなられた場合、遺言状は効力を失います。よって、「私の死去による遺産は全額家内へ」との遺言は実行されず、法定相続の扱いとなります。

夫婦が同時に死亡した場合、夫は妻の財産の法定相続人とはなりませんし、逆に妻は夫の財産の法定相続人にはなりません。
よって、今の状況でご夫婦が同時に亡くなるようなご不幸があった場合、ご主人の財産はご主人の親族が相続し、奥様の財産は奥様の親族が相続することになります。

海外にお住まいとのことで、日本と違い何があるかわからない、という思いからご夫婦が同時に亡くなるような最悪の事態も想定されているのだと思います。
ご主人のご希望通りの相続を行うためには、遺言状の内容を変更する必要があります。


日本マネジメント税理士法人

司法書士の回答

司法書士法人新宿事務所
専門家司法書士法人新宿事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年7月10日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

スギサク様

はじめまして、司法書士法人新宿事務所でございます。

万が一夫婦とも同じ事故で同時にお亡くなりになった場合は、ご夫婦はお互いに相手の財産を相続しないことになります。
そうなった場合、スギサク様の財産は、お母様が相続することとなり、
その相続開始時にお母様が亡くなられれいるときは、お姉様が相続することとなります。
現在の遺言書の状態ですと、夫婦同時にお亡くなりになった場合は効力を生じないこととなりますので、
財産の分配のご希望があれば、ケースに応じて、遺言書を書き換えたほうがよろしいかと存じます。

他にもご相談等ございましたら、お気軽にご連絡ください。

http://www.e-hihoushoshi.com/souzoku/

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

遺言状に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する