みんなの相続Q&A - 相続放棄について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ç›¸ç¶šæ”¾æ£„について

キーワード

相続 相続放棄 負債・借金 手続き 相続権と相続順位 銀行預金

相続放棄について

養父がなくなりました。法定相続人の順番としては私の次は養父の兄弟になります。いろいろ諸事情があり、遺産放棄を考えています。しかし、兄弟が立て替えている、治療費と葬式代、共同名義である不動産さえもらえれば、あとはもらってほしいと言ってきていますが借金の有無は教えてもらっていません。不動産の手続きや銀行の解約があるため、実印などをもって、早く手続きしてほしいといわれています。相続放棄の申請を近日おこなおうと思っていますが、申請を出した時点で、遺産放棄をしたこととなり、銀行にいったり、不動産の手続きなどを私はしなくてもいいのでしょうか?それとも、受理されていないあいだは、銀行や不動産の手続きをしに行かなければいけないのでしょうか?無知で申し訳ありませんが教えてください。

質問者アイスクリーム さん 質問日2009年7月8日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2009年7月8日

申請を出す前であろうと,後であろうと,
銀行等への手続を行う,法的な義務はありません。

相続放棄をすることの決意が固いなら,相続放棄を
することを理由に,預金の解約等の相続人の地位に
基づく手続をとることはできませんと,養父のご兄弟
様に説明されたらいかがでしょうか。

相続放棄後は,ご兄弟様が預金の解約等の手続をやる
ことになると思います。
もし,ご兄弟様らから,身勝手な風に思われたくないなら,
預金解約手続を調べてあげるとか,必要書類の取寄せを
手伝って挙げるとか,協力してあげてもいいんじゃないか
とは思います。

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年7月8日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

相続放棄の意思が確定しているのであれば、はやく家庭裁判所に手続きをしてください。そうすれば一切の財産債務が相続しないことになりますので、養父の兄弟が相続手続きをすることになります。
 税理士 高山秀三

司法書士の回答

司法書士いがり事務所
専門家司法書士いがり事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年7月8日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

アイスクリームさん、こんにちは。
司法書士の猪狩と申します。

ご質問の件ですが、
相続放棄をされれば、アイスクリームさんは相続人でないことになりますので、
銀行や不動産の手続きは、相続人となる養父様のご兄弟が行うことになり、
アイスクリームさんご自身が手続きすることは、不要です。

なお、不動産の名義変更(相続登記)にあたっては、
アイスクリームさんが家庭裁判所で相続放棄の際にもらう書類(相続放棄申述受理証明書)が必要となります。銀行の解約にあたっても同様でしょう。

ところで、「実印などをもって、早く手続きしてほしい」といわれている、とのことですが、
実印で遺産分割協議書など、相続放棄に関わらない書類に捺印してしまうと、
相続放棄せず、相続する意思の表明とみなされてしまう場合もありますので、ご注意下さい。
(あくまで、養父様のご兄弟には「相続放棄が終わるまで待って欲しい」とお伝え下さい)

相続放棄の手続きが完了してしまえば安心ですので、まずは家庭裁判所でなるべく早く手続きされることをお勧めします。
なお、相続放棄は、アイスクリームさんが養父様の逝去を知ってから3ヶ月以内に限りすることができます。3ヶ月以上経過すると、もはや相続放棄はできませんので、この点ご留意下さい。

回答は以上となります。ご不明の点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

弁護士の回答

市ヶ谷駅前法律事務所
専門家市ヶ谷駅前法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年7月16日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

アイスクリーム 様

相続放棄をすれば、初めから相続人とならなかったものとみなされるので、基本的には相続に関係することはありません。
しかし、登記手続きや預金の引出し等にあたって、最小限の協力を求められることがあるかもしれません。それ程過大な業務というわけでもありませんので、依頼を受けましたら協力するという態度でよろしいのではないでしょうか。

弁護士 大熊 裕司

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

不動産に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する