みんなの相続Q&A - 相続が発生した場合にどうなるのでしょうか。

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ç›¸ç¶šãŒç™ºç”Ÿã—た場合にどうなるのでしょうか。

キーワード

相続 遺産分割 遺言と遺言書 不動産の相続 手続き 相続権と相続順位

相続が発生した場合にどうなるのでしょうか。

 現在義父が名義人である土地に、主人名義で建てた家に私たち家族が住んでいます。(住宅ローン支払い中)

義父と義母は離婚していて、主人の実家にあたる場所に義父と後妻さんが暮らしています。

(私たちが暮らしている土地について、現在の評価額が土地のみで約2,000万、主人の実家が土地のみの評価額は約5,000万ですが、借地権となっています。)

主人と義父の思いとしては、主人の実家である土地の方を当家の土地として残していきたいという意思があるようです。(主人は長男で、嫁いだ妹が一人います。)

しかしながら後妻さんがいるため、現在の遺言も何もない状況では義父に万が一のことがあった場合にどうなってまうのでしょうか?

 本来ならば実家の部分を建て替えて同居するのが一番なのですが、後妻さんがいるためそれは難しそうです。また、現在の家を主人名義で建てた当初は将来的に交換して住もうという話で建てたみたいなのですが、現在の義父の思いとしては今の実家の場所で最期を迎えたいという思いが強いようです。

 実家部分の底地の買取についても、義父は将来的にはここは主人のものになるのだから、お前のお金で買えと言っていますが、主人は後妻さんが住んでいる限り万が一先に義父が亡くなることになれば、後妻さんのものになってしまうのではないか、それでは買う意味がないと言っています。また底地を買い取れる現金が手元にはありません。銀行さんも主人が底地を買い取り、賃貸併用で建て直すという条件でなら底地を買い取るお金を融資してくれるとのことですが、今義父と後妻さんが住んでいるままの底地の買取資金の融資は難しいとのことです。

また、主人の年齢的にいって義父に万が一のことがあった時点での底地の購入は厳しいと思います。

主人の思いとしては、現在住んでいる場所を後妻さんに譲り、そのかわり実家のある場所を当家の土地として残していきたいようです。

色々ややこしくて申し訳ないのですが、万が一義父にもしものことがあった場合に実家の土地はどうなってしまうのかということと、実家の土地を当家のものとして残していく場合に必要な今できる手続き(遺言?)等はあるのでしょうか?
義父はいつでも遺言は書くと言っているようですが、その書き方もよくわかりません。

(私としては実家はともかく今住んでいる場所も追い出されてしまう事態となってしまうのがこわいのですが・・・)
 
 後妻さんには子供はいないようですが、兄弟がいます。また、義父の老後については、義父が望むならば私たち夫婦でみたいと思っているのと、お墓も私たちで守っていければと思っています。将来的には私たちの子供におねがいするかたちになると思いますが、受け継いでいくつもりです。(後妻さんに関しては正直あまり関係が良好ではないため、こちらの方として老後の件等あまり関わりたくないと思っています・・・)

弁護士さんの事務所を直接たずねて相談した方がいいかなとも思ったのですが、どこの法律事務所(?)に頼むのがいいのかもよくわからず、こちらに相談させていただきました。

宜しくお願いします。

質問者もも さん 質問日2009年7月7日

弁護士の回答

塩澤法律事務所
専門家塩澤法律事務所
回答日2009年7月8日

まず、義父様が先に亡くなられた場合、法定相続分によると、後妻様1/2、旦那様1/4、義妹様1/4となります。どのように財産を相続するかは、主に遺産分割協議によります。しかし、協議が整わない場合には法定相続分が遺産分割する際の非常に重要な考慮要素となることは否めません。義父様の相続財産がどの程度あるのかにもよりますが、義父様の主な財産が現在もも様の住んでいられる土地とご実家の土地(または借地権)のみでしたら、遺産分割協議が整わない場合には、土地を売却し、その売却代金をもって財産分割することになる可能性が十分あります。この場合であっても、現在もも様の住んでいられる土地を追い出される可能性は少ないですが、土地が第三者の所有となり、賃料を支払っていかなければならなくなるおそれがあります。
そこで、やはり義父様がご健在であるうちに遺言書を作成して、現在もも様が住まれている土地とご実家の土地をどなたが相続するのかをはっきりしておくことがよろしいかと思います。作成する遺言書は後に揉め事が生じないように公正証書遺言によることをお勧めします。

弁護士の回答

市ヶ谷駅前法律事務所
専門家市ヶ谷駅前法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年7月7日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

もも 様

詳細な事実関係をお伺いしないと正確なご解答は難しいですが、遺言がない状態で義父が亡くなられた場合は、法定相続が発生し、後妻さんを含めた相続人が、実家の土地を相続することになります。

実家の土地はご主人が中心に守っていくというお考えがあり、義父が遺言書を何時でも書くと言っているのであれば、まずはその方向で専門家に相談されたらよろしいのではないかと思います。

当事務所でも、遺言書作成その他のお手伝いをさせていただいております。

弁護士 大熊 裕司

税理士の回答

長嶋佳明税理士事務所
専門家長嶋佳明税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年7月11日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

もも様
兵庫県芦屋市の税理士、長嶋と申します。

義父様の「想い」が一番大切だと思います。
遺言書は、その想いを実現させるための一つの方法だと思います。
遺言書の作成は、弁護士だけでなく、司法書士や行政書士も作成してくれます。
もちろんのこと、費用もかかりますので、じっくりとご検討されてはいかがでしょうか。

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する