みんなの相続Q&A - 相続税申告期限について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ç›¸ç¶šç¨Žç”³å‘ŠæœŸé™ã«ã¤ã„て

キーワード

相続 相続税 時効 手続き

相続税申告期限について

相続税の申告は「相続の発生を知った翌日から10カ月以内」とわかったのですが、「相続の発生を知った日」とは具体的にはいつなのでしょうか?

質問者Yこば さん 質問日2009年7月3日

税理士の回答

税理士法人 三野輪会計事務所
専門家税理士法人 三野輪会計事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年7月3日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

税理士法人三野輪会計事務所と申します。

 相続税の申告は、正しくは、「相続の開始があったことを知った日の翌日から10カ月以内」です。
 この「相続の開始があったことを知った日」とは、遺産を相続する本人が、自らのための相続が始まっていることを認識した日を指します。
 一般的には、被相続人が亡くなった日と理解していただければ、概ねよろしいかと思います。

税理士の回答

税理士法人プラス 大阪事務所
専門家税理士法人プラス 大阪事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年7月4日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

Yこば様

税理士法人プラスです。

相続の発生を知った日とは、通常は戸籍に記載されている死亡日のことです。

音信不通で死亡していたことを知らされていなかった場合などは、その事実を知った日もこれに該当します。

また、水難・火災などの事変によつて死亡した場合は、その取調をした官庁などが、死亡の報告を死亡地の市町村長に行ったことを知った日をもって、相続開始があったことを知った日となります。

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年7月4日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

相続人として被相続人が亡くなったことを知った日ということになります。相続放棄等で相続順位が変ることがありますが、自分が相続人である立場で相続開始を知った日ということになります。
 税理士 高山秀三

税理士の回答

長嶋佳明税理士事務所
専門家長嶋佳明税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年7月5日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

Yこば様
兵庫県芦屋市の税理士、長嶋と申します。

ご自身が相続人になったことがわかった日です。相続放棄などがあれば、相続人によっては、相続人になった日が異なるためです。

特殊な事情がなければ一般的には、被相続人の死亡の日を指します。

専門家の回答

相続相談ステーション
専門家相続相談ステーション(過去掲載の専門家)
回答日2009年7月5日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

相続相談ステーションの毛利と申します。

ご質問の「相続の発生を知った日」とは
あくまで「自己のために相続の開始があったことを知った日」という意味です。

通常は、「被相続人が死亡したことを知った日」
になるかと思いますが、相続放棄等により相続人となった場合等においては
単に「被相続人が死亡したことを知った日」ではなく
相続放棄等により、相続人として「自己のために相続の開始があったことを知った日」となります。

税理士の回答

日本マネジメント税理士法人
専門家日本マネジメント税理士法人(過去掲載の専門家)
回答日2009年7月6日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

Yこば様

日本マネジメント税理士法人と申します。

まず、「相続の開始」に関しては、民法にて「相続は、死亡によって開始する。」とされています。ここでいう死亡には、自然死亡のほか、家庭裁判所の失踪宣告により死亡とみなされる擬制的死亡が含まれます。

そして「相続の開始があったことを知った日」とは、自己のために相続の開始があったことを知った日をいいます。つまり、原則として被相続人の死亡を知った日(あるいは、失踪の宣告に関する審判の確定のあったことを知った日)となります。
ただし、「自己のために」とあるように、例えば、相続放棄があったことにより相続人となった場合等、単に被相続人が死亡したのを知った日とならず、相続放棄があったことを知った日となるケースもあります。

税理士の回答

税理士 西山秀一事務所
専門家税理士 西山秀一事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年7月7日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

通常は死亡日をさします。よほど亡くなった方と疎遠になっていたり遠方で連絡が遅くなった場合には実際に死亡を知った日となります。

実務上は死亡日で全員やっています

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

相続税に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する