みんなの相続Q&A - 相続放棄

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ç›¸ç¶šæ”¾æ£„

キーワード

相続 相続放棄 負債・借金 手続き 争続・トラブル 銀行預金 葬儀費用

相続放棄

私の祖母が亡くなり、兄弟ともめ始めたので母が相続放棄をしたいと言い出しました。
すでに預貯金の解約の手続きを母が代表相続人になり済ませています。まだ現金化はしていません。
この場合は財産を処分したこととなり相続放棄はできないのでしょうか。
また、母が葬儀費用を立て替えているのですが、相続放棄ができる場合、解約した預貯金から葬儀費用を返してもらえるのでしょうか。
もめ始めるまではその預貯金から葬儀費用を返してもらうことになっていました。

質問者めぐみ さん 質問日2009年6月26日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2009年7月1日

1 相続放棄について
実際,解約手続のみでは,相続財産の処分とまでは言えないかも知れません。
相続放棄の申述の手続は,相続放棄が認められないことが明白でない限り,一応,受理されますので,申し立ててみればいいのではないでしょうか。誰も文句はつけないと思います。
ただ,そもそも,相続債務がないなら,放棄する理由もないのでは?調整役として,相続人でいた方がいいのではないでしょうか?

2 葬儀費用について
学説・判例では,そもそも葬儀費用を誰が負担するかという議論について,決着はついていないようです。
ただ,今回は,一応,相続人間で,合意があったということで,その合意に基づいて,相続財産(預貯金)から出すよう,請求するしかないようですね。



個別の依頼,相談を検討の方は
お電話下さい。
峰岸法律事務所
弁護士 峰岸泉
Tel.03-3580-1415
e-mail minegishi26123@ybb.ne.jp

弁護士の回答

塩澤法律事務所
専門家塩澤法律事務所
回答日2009年7月2日

1、相続放棄について
相続人を代表して預金の解約手続きを単にしただけでは、財産の一部の処分をしたとみなされる可能性は少ないと思います。適当な判例はありませんが、大阪高裁平成14年7月3日決定は、社会的に相当な範囲内の葬儀費用、仏壇や墓石の購入のために被相続人名義の預金を解約するなどの行為は、相続財産の処分にはあたらない、と判示しています。
ただ、仮に解約して預金を返還してもらった場合には、これを使ってしまいますと相続財産の一部の処分とみなされる可能性が高いので気を付けてください。
2、葬儀費用について
葬儀費用を誰が払うかは、まず、①業者との契約関係で誰が債務者になるかの問題です。次に、②葬儀費用を相続財産から支出するかは、相続人間の問題です。
まず、①誰が債務者になるかについて、めぐみ様のケースの場合、祖母様の葬儀費用はあくまで業者と債務者として契約した方が負うことになります。お母様のみが支払う契約をなされたのであればお母様が債務者であって、相続財産から支出するかは、別問題です。
次に、②葬儀費用を相続財産から支出するかの問題について、相続人間の合意によって決せられるものです。ご面倒であってもご兄弟と話し合って、葬儀費用を相続財産から支出することをしっかり合意することが大切です。もし、お母様があくまで相続放棄したいのでしたら、上記の大阪高裁の平成14年決定に従えば、解約により返還された預金の一部を相続費用に充当した後でも、相続放棄可能とも思われます。相続放棄する代わりに葬儀費用を相続財産から支出するとすれば、話し合いがまとまり易くなるかもしれません。一方、合意もないのに返還された預金から葬儀費用を確保してしまいますと、ご兄弟と揉め事になるのみならず、相続財産の一部の処分とみなされ相続放棄ができなくなってしまうおそれがありますので注意してください。

税理士の回答

ちよだ税理士法人
専門家ちよだ税理士法人(過去掲載の専門家)
回答日2009年7月2日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

ちよだ税理士法人と申します。

①民法921条1項は相続人が相続財産の全部又は一部を処分したときは単純承認したものとみなし、以後、相続放棄や限定承認することを認めていません
 ただし、この場合の相続人の預金口座の解約がこの相続財産の処分に該当するかどうかは微妙ですが、その受け取った現預金を一切使わずに取っておけば、単純承認には該当しないものと考えられ、相続放棄は認められると思われます。 
 ②葬儀費用を誰が負担するかは法律上の決まりはなく、被相続人の相応の葬儀であれば、参列者の方からいただいた香典を充当し、残った部分については相続財産から補うことが一般的なようですので、相続人間でお話合いの上、返してもらってはいかがでしょうか?
 

行政書士の回答

柴崎行政書士事務所
専門家柴崎行政書士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年7月3日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

ご質問の預貯金の解約手続きの段階では、相続放棄は可能と思われます。
家庭裁判所に申述の手続きをしてみたら良いと思います。

葬儀費用に関して誰が負担するか、ということは法律上定めはなく、これまでの判例などをみても、何とも言えません。
ただ、相続人であるめぐみ様のお母様が立て替えて執り行ったのであれば、相続人間で話し合い負担してもらうよう申し入れてはいかがでしょうか。

行政書士 柴崎角人

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

預貯金に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する