みんなの相続Q&A - 財産目録作成に協力してくれないとしたら?

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > è²¡ç”£ç›®éŒ²ä½œæˆã«å”力してくれないとしたら?

キーワード

相続 相続放棄 相続財産 争続・トラブル 財産目録

財産目録作成に協力してくれないとしたら?

以前質問した時『故人の通帳や生命保険証等を持っている人が開示を拒んだら』と書きましたが、
その通帳などを持っている人は相続人ではないのですが、それでも、強制的に情報開示を求める事は出来ないのでしょうか?
今、私はその人達(故人の姉妹)に財産放棄をせまられています。
被相続人が他界後3ヶ月経っており、私は「伸長申立」を家裁に提出中です。
相手方は弁護士を雇っているようです。
財産の証拠となる物を持っていない私は不利なのでしょうか?
また、伸長申立が成立後、相続するにしても、放棄するにしても、また関係者の戸籍謄本を一から取り直さなければならないのでしょうか?

質問者櫻 さん 質問日2009年6月22日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2009年6月23日

第三者に情報開示請求は,法的根拠に乏しいのでは?
通帳という有形物が,相続人のものと考えれば,法的にも引き渡し請求は可能かもしれません。
ただ,正直に持ってますと言うでしょうか?
相続人でもない方が,弁護士雇って(本当?)何しようとしているのか判りませんが,ほおっておいて,自分で遺産の調査をされるのが一番早いと思います。

税理士の回答

長嶋佳明税理士事務所
専門家長嶋佳明税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年6月22日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

櫻様
兵庫県芦屋市の税理士、長嶋と申します。

故人の姉妹に話しても無駄のようですから、直接金融機関に問い合わせた方が早いのではないでしょうか。金融機関に情報開示を求めることができるのは、基本的には相続人のみです。櫻様だからこそ認められている権利であると思います。

財産の証拠がないと、非常に不利です。
最近の裁判所は「遺産探しはやりません」というスタンスに変わってきています。遺産を証明するなどの説明義務は、相続人にあるという立場を取っています。
したがいまして、最低限、預貯金・不動産など調べられるものは調べておくべきだと思います。

相続財産の調査は、弁護士しかできないというわけではなく、行政書士ですと弁護士よりも安価で引き受けてくれると思います。
ですが、相手方に弁護士が付いているのでしたら、櫻様も弁護士を付けた方が良いのかもしれません。

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

相続に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する