みんなの相続Q&A - 負債の生前贈与

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > è² å‚µã®ç”Ÿå‰è´ˆä¸Ž

キーワード

相続 贈与・生前贈与 遺産分割 負債・借金

負債の生前贈与

老親が自宅の住宅ローン(月12万ほど)を払えきれない状況に陥ってしまい、別に所帯を持っている実子(配偶者、子あり)に生前贈与させ、ローンの借り換えを行い、支払期間等を延長させ月々の支払額を低くした上で、老親が支払いを続けるという話を持ちかけられています。実子は配偶者名義の住宅ローンがある家庭で、その支払が本当に継続されるのか不安になっています。老親に同居している実子がいますが、収入が乏しく分割贈与にし、相応の負担をすることには消極的です。その住宅を残すため、老親と同居実子の生活場所を確保するために、別居の実子はすべてを相続することについて、リスクを軽減する方法はあるでしょうか?

質問者くろこだま さん 質問日2009年6月22日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2009年6月24日

まず,別に所帯を持っている実子の方がリスクをどの程度負うのか,ということを確認する必要があると思います。

たとえば,その実子の方が資産をお持ちでないなら,仮に,借り換え後,老親の支払が滞り,支払ができなくなっても,その実子の方1人が破産すれば,済む話と言えなくもありません(自分の住んでる家は守れます)。
また,その老親の自宅の担保価値をどれくらい見込めるのか,ということも,実子の方が負うリスクの程度にかなり影響します。

さらにリスクを軽減する方法として,その老親の自宅建物が賃貸可能な物件であれば,老親の支払いが滞った時点で,立退いてもらえる体制ができていれば,他に賃貸に出すこともできるかもしれません。

要は,1人がこけても,それが周りに波及しないようにすることです。

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年6月23日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

住宅をローンの負担付で贈与することはできますが、その後親御さんがローンを負担するというのは、一部の持分贈与のことをいっておられるのでしょうか。
 全部を贈与した後、親御さんがローンを負担する場合は、子に対する贈与となりますので、老親と老親と同居の実子から家賃をもらい、それをローンの返済に充てるという考え方になると思います。
 すべてを相続したときのリスクとは何を指しておられるのかわかりません。持ち家に兄弟を住まわせることについてのことでしたら、払える限度の家賃を貰うことで少しは解消されます。
 税理士 高山秀三

税理士の回答

長嶋佳明税理士事務所
専門家長嶋佳明税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年6月23日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

くろこだま様
兵庫県芦屋市の税理士、長嶋と申します。

相続云々のお話ではなく、毎月のローンの返済ができるかどうかが問題なのではないでしょうか。

生前贈与をしない方法もあるのではないでしょうか。
ローンの借り換えをして、どなたかが保証人になれば済むお話のように思います。

ローンの借り換えをしなくても、ローン期間の延長をして、毎月の支払額の低減をすることは、一般的にも行われています。
つまり、単純に、「毎月の返済額を減らすことはできないでしょうか?」と金融機関に相談すればよいだけです。
金融機関の担当者は、自身の実績になるように、ややこしい手法を勧めているのかもしれません。

また、相続のときのリスクですが、ローン契約者は通常、団体信用生命保険(団信)に加入しています。相続があれば、ローンが消えてしまいます。ローンが消えてしまうということは、相続についてリスクはないのではないでしょうか。

ローンを生前贈与をしてしまうと、この団信の適用外となり、相続があってもローンが消えない可能性もあります。このときは、建物も一緒に贈与をする必要があると思います。

金融機関に説明を求めることをお勧めします。

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

相続に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する