みんなの相続Q&A - 小規模宅地等の課税価格の特例とは・・・

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > å°è¦æ¨¡å®…地等の課税価格の特例とは・・・

キーワード

相続 小規模宅地の特例 不動産の売却

小規模宅地等の課税価格の特例とは・・・

相続で被相続人と同居していた弟と兄が土地約280㎡を1/2で相続する事になりました。兄は土地を相続したら売却すると言っているので、弟は住み続ける事ができなくなり売却し引越し予定です。
兄と弟それぞれに小規模宅地等の課税価格の特例が関係するのでしょうか?
また、小規模宅地等の課税価格の特例を受ける場合、何がどうなるのでしょうか?
よろしくお願いします。

質問者ポチ さん 質問日2009年6月17日

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年6月17日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

被相続人の居住用宅地の小規模宅地は200㎡まで50%減額でき、特定の要件を満たす場合には240㎡まで80%減額できるという制度ですが、お二方は同居されていたとすれば、相続税の申告期限まで保有すること等によって合計240㎡まで80%減額が適用だけ減少しますので、課税価格が基礎控除以下になるケースも(課税されなくなるケース)多くでます。
 この特例を適用するためには、遺産分割協議によって相続人が確定しており、かつ、相続税の申告をすることが要件になっています。
 税理士 高山秀三

税理士の回答

長嶋佳明税理士事務所
専門家長嶋佳明税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年6月18日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

ポチ様
兵庫県芦屋市の税理士、長嶋と申します。


小規模宅地の特例を受けるには、次の条件が必要です。
・相続税の申告書を提出すること
・遺産分けが成立していること

この条件を満たしていれば、お兄様と弟様は240㎡までは、8割引で評価されます。

税理士の回答

OAG税理士法人
専門家OAG税理士法人(過去掲載の専門家)
回答日2009年6月18日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

OAG税理士法人です。

ポチ様のご質問からしますと、被相続人と同居していた弟さんが被相続人のご自宅を相続でお兄さんと1/2ずつ共有で取得し、取得後にご兄弟お二人で売却するとのこと。

【 小規模宅地等の特例 】
①兄弟お二人とも適用可能です。
②特例の内容
ア、相続税の申告期限まで売却をせずに同居していた弟さんが居住し保有していれば240㎡まで8割減額できます。(240㎡までは土地の課税価格は実際の評価額の2割になります。)

イ、相続税の申告期限までに売却を完了されてしまう場合には、200㎡まで5割減額できます。
いずれにしても課税価格が減りますので、相続税も減ります。場合によってはかからなくなります。

③特例を受けるためには
分割協議を整え相続税の申告書を提出してください。
小規模宅地の特例を受けることにより税金がかからない場合にも申告書を提出する必要があります。

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

特例に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する