みんなの相続Q&A - 父の遺産相続

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > çˆ¶ã®éºç”£ç›¸ç¶š

キーワード

相続 相続放棄 相続権と相続順位

父の遺産相続

父の余命があと数ヶ月しかないといわれているのですが、父方の祖母が健在です。祖母の世話をする義務は父が亡くなったあとも残りますか?ちなみに父には姉と妹がおり、姉が世話をすると言っていますが、祖母が承諾しない状況です。また、10年前に祖父が亡くなった際、父が祖母の面倒を見ると口頭で約束しているのですが、それは母に引き継がれるものなのでしょうか?
※父の遺産は法的には母に相続されるとは思うのですが、姉・妹に「家を出て行け」など脅されて困っています。また、祖父の遺産相続の際に揉めた経緯もあり、仮に祖母が亡くなったときは、遺産相続を放棄してでも関係を絶ちたいという気持ちがあります。

質問者まめ さん 質問日2009年6月15日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2009年6月15日

1 義理の母の面倒を見る義務はあるか
←直系血族・兄弟姉妹でないので,お母様に扶養義務なし

2 父の扶養義務が相続されるか
←扶養義務は一身専属的なものであり,相続されない(ただし,過去の未払い扶養料のように,具体的に金銭債務化されたものは除く)

過去の相続も含めて,いろいろいきさつがありそうですので,専門家に相談して,解決を図るのがいいかと思います。

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年6月15日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

祖母の面倒を見ることについて、法律上の義務を持ち出されること自体、難しい環境にあるのかと殺伐とした感が否めません。
 法律(民法)上、直系血族及び兄弟姉妹は互いに扶養する義務があり、又、直系血族及び同居の親族は互いに扶け合わなければならないとされています。
 そうしますと直系血族である叔母及び孫は共に直系血族に当たります。従って祖母の扶養義務はお母様というよりもあなた方孫、及び子である叔母にあるといえますが、孫に代わって直系血族ではない嫁(お母様)が面倒を見られることも世間には良くあります。祖母の喜ばれる方法で、経済的な負担は義務者間で出し合ってとか、工夫を話し合ってください。
 お父様の遺産はお母様と子供さんであるあなた方が相続しますが、何をどのように相続するかは遺産分割協議が整えば自由にできます。
 叔母さん方にはお父様の相続権はありませんのでそれに関しては気にとめる必要はありません。
 祖母の相続は叔母さん方と孫であるあなた方ですから、そのときにはよく考えて協議してください。
 税理士 高山秀三

税理士の回答

税理士法人プラス 東京事務所
専門家税理士法人プラス 東京事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年6月15日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

税理士法人プラス・行政書士法人サポートプラス東京事務所です。
1.お母様のご相続につきましては、最も簡易なのは、ご兄妹2人で相続する方法だと思われます。尚、詳細につきましては法的にナイーブな部分がございますので文章での回答は困難となり、可能であるようでしたら、弊社へ御来社いただければご説明させていただきます。また、御来社が難しい場合には、交通費等実費と日当(約3万円)でお伺いさせて頂くことも可能です。
2.一般的な相続手続きについてですが、①戸籍等を取得し相続人を確定することが最初の作業となります。その後、②相続財産の範囲を確定し、③分割協議を行い協議書を作成します。そして最後に④解約・名義変更等の手続きを行うことになります。

税理士の回答

薬袋税理士事務所
専門家薬袋税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年6月16日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

まめさん、こんにちは。
祖母のお世話をするということは、家族の約束であり法律でそれが義務付けられるとか、父の死亡により相続人に引き継がれるものではありません。ただお父様が祖母のお世話をすることを望んでいるのであれば、是非お世話してあげてください。祖母は娘達を信用していない以上、頼れるのはまめさんとお母様しかいないのでしょうから。
またお父様の相続人は、配偶者であるお母様と子供たちですから、父の兄弟姉妹には相続権はありません。財産は相続人で話し合い誰の名義にするか決めるか、お父様に意思があるのであれば生前に遺言書を作るなりしてご準備されたらいいと思います。
もしお父様の相続であなた方が相続放棄した場合は、財産は祖母にいきます。その後の祖母の相続では、まめさんと叔母2人が相続人となりますので、また話し合いの土俵に上がらなければならなくなります。また住む家が確保できない状態になる可能性がありますので、放棄をせずに相続されたらいいのではないでしょうか。

税理士の回答

長嶋佳明税理士事務所
専門家長嶋佳明税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年6月18日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

まめ様
兵庫県芦屋市の税理士、長嶋と申します。

お母様と祖母様の間には、血縁関係がありませんので、扶養する義務はありません。


また、お父様の相続のときには、叔母様には相続の権利がありませんので、気にされないのが一番です。

そして、祖母様の相続のときには、円満解決は難しい状況が想像されます。まめ様のおっしゃるように相続放棄も検討されても良いのかもしれません。

司法書士の回答

司法書士法人新宿事務所
専門家司法書士法人新宿事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年6月18日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

まめ様

はじめまして、司法書士法人新宿事務所でございます。

今回のケースですと、お母様と祖母様は直系血族・兄弟姉妹ではありませんので、
扶養する義務はありません。

お伺いする限り、かなり状況がこじれているかと思われますので、
具体的に専門家にご相談されることをお勧めいたします。
相続放棄もよろしいかもしれません。

他にもご相談等ございましたら、お気軽にご連絡ください。

http://www.e-hihoushoshi.com/souzoku/

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

遺産相続に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する