みんなの相続Q&A - 相続配分について

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > ç›¸ç¶šé…åˆ†ã«ã¤ã„て

キーワード

相続 遺産分割 遺産相続の割合 相続権と相続順位

相続配分について

被相続人には父母・配偶者・子供がいなく妹と弟Aがいます。弟Aが既に死亡しているので弟Aの長男Bは果たして相続できるか?相続人及び夫々の相続の比率を教えて下さい。よろしくお願い致します。

質問者悩める中年男 さん 質問日2009年6月10日

税理士の回答

長嶋佳明税理士事務所
専門家長嶋佳明税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年6月10日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

悩める中年男様
兵庫県芦屋市の税理士、長嶋と申します。

相続人になるのは、
・妹様
・長男B様
です。

相続の権利は、
・妹様→1/2
・長男B様→1/2
となります。

なお、ご兄弟には遺留分の権利がありませんので、遺言書が残されていますと、相続できない可能性があります。
遺言書の有無の確認をされることをお勧めします。

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年6月10日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

BはAの相続分を相続できます。
法定相続分は妹1/2 B1/2です。

税理士 高山秀三

司法書士の回答

手塚司法書士事務所
専門家手塚司法書士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年6月10日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

悩める中年男さん

こんにちは、司法書士の手塚です。

Aさんのお子様がBさんのみとすると、被相続人の遺産は、妹さんと、Bさんがそれぞれ2分の1ずつ相続することになります。

ちなみに、Bさんのことを「代襲相続人」といいます。

税理士の回答

OAG税理士法人
専門家OAG税理士法人(過去掲載の専門家)
回答日2009年6月10日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

悩める中年男様

OAG税理士法人です。

相続人は、妹と弟Aの長男Bになります。
法定相続分は1/2づつです。

税理士の回答

薬袋税理士事務所
専門家薬袋税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年6月11日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

悩める中年男さん、こんにちは。
今現在の相続人は、配偶者と両親です。法定相続分は配偶者が3分の2、親は3分の1を頭割りですので、現在は6分の1づつです。
両親が亡くなった後は配偶者と兄弟が相続人になります。法定相続分は配偶者が4分の3、兄弟が4分の1の頭割りになります。弟の相続分は子供が引き継ぎます。代襲相続と言います。Aさんの子供の数で頭割りになります。子供がBさんのみの場合、妹とBさんの相続分は8分の1づつになります。
両親及び配偶者が先に亡くなった場合は、相続人は兄弟のみになります。代襲相続の考え方は上記と同じです。
相続人となる人は以上ですが、もし被相続人が遺言書を作成するのであれば、相続人でなくてもBさんに相続させることは出来ます。遺贈と言います。この場合仮に「Bさんに全部」という遺言書を残したとしましょう。兄弟以外の相続人は、上記の法定相続分の半分まで財産をもらった人に「私にも分けなさい」と請求することができます。遺留分の減殺請求権といいます。これを回避するには遺留分を侵さないくらい相続人に相続させ、後の残りをBさんに遺贈する内容の遺言書にすれば、減殺請求権は発生しません。しかしこれはあくまで相続人が遺産分割が済んだ後に物言いをした場合のみです。
悩める中年男さん、ご参考になりましたでしょうか。あまり悩み過ぎないでくださいね。

司法書士の回答

司法書士法人新宿事務所
専門家司法書士法人新宿事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年6月11日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

悩める中年男様

はじめまして、司法書士法人新宿事務所でございます。

今回のケースですと、相続人となるのは、妹様と、長男B様です。
相続の割合は、それぞれ2分の1となります。


他にもご相談等ございましたら、お気軽にご連絡ください。

http://www.e-hihoushoshi.com/souzoku/

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

被相続人に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する