みんなの相続Q&A - 限定承認と相続放棄の違いについて

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > é™å®šæ‰¿èªã¨ç›¸ç¶šæ”¾æ£„の違いについて

キーワード

相続 相続放棄 限定承認

限定承認と相続放棄の違いについて

マイナスの相続が大きいと考えられる場合は
基本、相続放棄になるかと思われますが、
限定承認を利用する場合はどのような場合なのでしょうか?
また限定承認を行うメリットにはどのようなことがあげられるのでしょうか?ネットより限定承認は、合理的な制度であるにもかかわらず、手続きが面倒さと相続人全員で行わなければならないという制約から、実際にはほとんど利用されいないようです。との記載もあり、差異についてご教授いただければと思います。
よろしくお願いいたします。

質問者SIESTA さん 質問日2008年5月13日

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2008年5月13日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

相続放棄:
 すべての財産債務を放棄することになりますので、後日債務を上回る財産があったとしても取得することはできません。
 又債務がない場合でも、家庭の事情によって次順位の方、他の相続人に相続財産を取得させたい場合などに放棄が行われます。放棄は単独でできますので、自分の気持ちを明確に伝えたい場合などにも行われます。
限定承認:
 明らかに債務が財産を上回る場合は放棄ですが、財産の額、債務の額がはっきりしない場合は、限定承認をすることによって債務を上回る財産がある場合に財産を取得することができます。
 3ヶ月以内にすべての財産を把握することは難しい場合もありますので、一応財産の取得する権利を留保しておきたい場合には有効です。

弁護士の回答

伊藤紘一法律事務所
専門家伊藤紘一法律事務所(過去掲載の専門家)
回答日2008年5月16日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

限定承認は、相続財産の範囲で債務を負う制度ですが、全員で行う為、相続人全員であることを証明する資料が必要です。又、相続があることを知ったときから、3ヶ月以内に、相続財産の目録を作成しなければなりません。そして、財産を管理し、すべての相続債権者に公告及び催告をします。民法922条から937条までを見て下さい。

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

限定承認に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する