みんなの相続Q&A - 遺産相続

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > éºç”£ç›¸ç¶š

キーワード

相続 生命保険金・各種保険等 手続き 相続財産 相続権と相続順位

遺産相続

数ヶ月前に義父、義母が病死にて亡くなりました。その際の保険金等は妻の兄弟で配当されるとは思いますが、配当された金額等は夫婦間ではどのような扱いになるのでしょうか?
義理の両親が亡くなった訳ですから私自身は妻が受け取ったお金に関しては何ら権利はないのですか?又、受け取ったお金に関して妻が私自身に秘密にしている事は法律上、問題はないのですか?

質問者はなひめ さん 質問日2009年6月8日

弁護士の回答

銀座ブロード法律事務所
専門家銀座ブロード法律事務所
回答日2009年6月9日

夫には権利はありません。

妻が夫に秘密にしておいても法律上問題は
ありません。

ついでに言いますと,

婚姻費用の分担義務を果たしている限りは,
妻が自身のためにだけに使っても法律上は
問題ありません。

さらに言えば,

これは,特有財産と言われるもので,離婚の際に
財産分与の対象にもなりません。

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年6月8日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

保険金は保険契約によって指定されている受取人が受け取ります。遺産分割協議の対象にはなりません。従って受取人以外の人に支払ったときは受取人からの贈与になり、贈与税が課税されます。
 奥様が財産を受け取った場合、貴方には相続権がありませんので、奥様から貰った時は これも贈与になり、贈与税が課税されます。
 夫婦間であっても財産の上では他人と同じ取り扱いになります。ただ、秘密にするかどうかは、夫婦関係の如何によるのではないでしょうか。法律上は問題ありません。但し、相互に扶養義務がありますので、相手方の生活が成り立たないときは相互に助け合うことになります。
 税理士 高山秀三

税理士の回答

薬袋税理士事務所
専門家薬袋税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年6月9日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

はなひめさん、こんにちは。
まず死亡保険金は、民法の上での相続財産ではなく、受取人の固有の財産になります。税金の取り扱いはさておき、保険金は指定された人に支払われ、遺産分割の対象になることはありません。ただし受取人が特定されていない場合や、既に死亡している場合には法定相続分を基礎に取得することになります。
次に夫婦間の財産ですが、夫婦といえど財産権は別です。夫婦になる前に働いて貯めたお金や、今回のように親から相続した財産は、個人の財産です。しかし夫婦は共同して家庭を築き、役割を担うことから、結婚後の財産形成は共同で築いているという考え方があります。その生活費のために固有の財産を自ら提供したときは生活消費ということでいいと思いますが、奥様の財産は当然共有の財産とするのはいささか無理があると思います。
例えば家を購入するのに奥様がその資金を提供するのであればその分、家の持分を共有にするとか、財産権は顕在化した方が自然でしょうし、税法にある贈与の対象にもならないでしょう。
杓子定規に申し上げましたが、虎の子貯金で取っておきたいとか、将来の備えにしたいというお気持ちなのでしょう。上手く話しをされたらいかがでしょうか。

税理士の回答

長嶋佳明税理士事務所
専門家長嶋佳明税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年6月10日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

はなひめ様
兵庫県芦屋市の税理士、長嶋と申します。

保険金は、奥様のご兄弟が取得するとは限りません。
保険金受取人と指定された方が、保険金を取得します。
したがいまして、奥様は保険金を取得しない可能性もあります。

もし、奥様が保険金を取得したときは、はなひめ様は何も権利はありません。

また、奥様自身の財産ですので、はなひめ様に秘密にしていても法的には何も問題はありません。

そして、もし、離婚をされたとしても、この保険金は財産分与の対象にはなりません。

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

保険金に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する