みんなの相続Q&A - 叔母の遺産相続に関して

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > å”母の遺産相続に関して

キーワード

養子縁組 相続権と相続順位 遺産相続の割合

叔母の遺産相続に関して

叔母からの遺産相続に関してご相談いたします
昨年12月に叔母が亡くなり、現在相続の手続きを進めていたところ、財産の算出などを依頼した税理士から、私には法的には相続の権利がないとの指摘がありました。
叔母は私の父<故人>の姉になりますが、元は私の父の兄嫁で、父の兄が死亡後、私の祖父母と養子縁組しました。叔母に子供はいません。
私の祖母の遺産相続時には、私の父はすでに死亡しており、この叔母が祖母と同居して面倒を全てみていましたし、引き続き実質的にはひとりでこの家を継ぐ形になったので、この時相続権があった私と父の弟は相続放棄しました。
私の他に存命なのは、私の父の弟がひとり、ほかは、叔母の実の姉妹が五人います(内二人はすでに死亡、その内一人には子供がいるが、もう一人には子供はいない)。
私の知識の範囲内では、私自身(を含め、今回の相続人は全員)はいわゆる「第三順位」として相続人の範囲に入るという認識をもっていたのですが、
もし、その認識に誤りがあるとすれば、今回、実質法的に相続の権利を有するのは誰になるのか、私に権利がない場合はその具体的な理由を知りたいと存じます
よろしくお願い致します

質問者833760 さん 質問日2009年6月1日

税理士の回答

OAG税理士法人
専門家OAG税理士法人(過去掲載の専門家)
回答日2009年6月2日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

叔母の実母、実父が既にお亡くなりになっているという前提で、ご質問内容から判断する限りは、質問者である833760様は相続権を有すると考えます。

戸籍等を頂戴できれば、私共での確認作業も可能です。

税理士の回答

長嶋佳明税理士事務所
専門家長嶋佳明税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年6月2日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

833760様
兵庫県芦屋市の税理士、長嶋と申します。

833760様は、お父様の代襲相続人として、相続の権利があると考えます。
依頼をした税理士は、叔母様が養子に入っていることを見落としている可能性がありますので、しっかりと確認されることをお勧めします。

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

叔母に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する