みんなの相続Q&A - 果たして公正証書が執行できるのか?

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > æžœãŸã—て公正証書が執行できるのか?

キーワード

相続 遺留分 遺言と遺言書 不動産の相続 手続き 公正証書遺言

果たして公正証書が執行できるのか?

不動産を子供3人が相続することになりました。公正証書には不動産が各人に相続されるよう記載されていましたが、そのうち2人に相続されるべき不動産は、被相続人が名義貸ししたものであったことが判明し、本来の持ち主に返さなければなりません。残り1人の相続人が、自分に相続するように記載された土地は、公正証書の通り自分のものであると主張しています。2人は公正証書は無効で、改めて一から協議すべき事項であると主張しています。公正証書は執行できるのでしょうか?
また、公正証書があれば、登記は簡単にできると聞いたことがあります。残り1人の相続人が主張通り、他の2人に内緒で登記ができてしまうのでしょうか?

質問者王流緒亜那辛愚 さん 質問日2008年5月10日

行政書士の回答

行政書士オフィスぽらいと
専門家行政書士オフィスぽらいと(過去掲載の専門家)
回答日2008年5月10日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

はじめまして。行政書士の財間と申します。
遺言の内容と事実がちがう場合は、その部分だけが無効となります。

今回は、2人の相続人がもらう不動産が、実は他人のモノだったということですので、その不動産に関する遺言の部分が、無効となります。

つまり残り1人の相続人がもらう不動産については、真に故人のモノであるかぎり、遺言が有効となります。

遺言書があれば登記はできますので、ほかの2人に断わりもなく、登記することはできます。

もし、この不動産以外に故人の財産がない場合は、ほかの2人には「遺留分」という最低限の相続分がありますので、不動産を相続した人に「遺留分の請求」をすることができます。

2人から遺留分の請求をされれば、不動産を相続した人は、どうやって遺留分の支払いをするか、3人で話し合うことになります。

遺言どおり登記をすると、後日2人から
遺留分を請求されなければ、不動産は1人のモノ。
請求されれば、遺留分を限度として、遺産分割協議をすることになるということです。

司法書士の回答

広瀬司法書士事務所
専門家広瀬司法書士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2008年5月14日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

広瀬司法書士事務所、広瀬泰高と申します。

ご質問の件ですが、

・公正証書遺言は、有効とみなされる可能性が高いと思われます。
相続登記も公正証書遺言があれば単独でできてしまうので、登記申請を防ぐことはできません。
ただし、ほかの財産がなければ、遺留分減殺請求ができると思われます。話し合いがまとまれば、一旦相続登記が入っても遺留分減殺を原因として再度移転登記をすることも可能です。

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

公正証書に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する