みんなの相続Q&A - 息子の死による 離婚した夫への遺産相続

お助け相続ナビ

弁護士・税理士に無料で相続の相談ができる問題解決サイト

相続の知識とニュースの総合サイト「やさしい相続」オープン
相続を成功させるためには法的な知識や情報が必要です。やさしい相続は
「失敗しない相続」のためのマニュアルや最新情報を皆様にお届けします。
遺言書の書き方から相続放棄の方法まで、充実した記事をご活用下さい。

相続ナビホーム > ç›¸ç¶šQ&A プロの回答 > æ¯å­ã®æ­»ã«ã‚ˆã‚‹ã€€é›¢å©šã—た夫への遺産相続

キーワード

贈与・生前贈与 遺言と遺言書

息子の死による 離婚した夫への遺産相続

独身の息子達に生前贈与をしたいのですが、もし彼らが私より先に死んだ場合、別れた夫や、その親族に遺産相続がいかないような遺言は、可能ですか?

質問者田中祥子 さん 質問日2009年5月30日

司法書士の回答

末永司法書士事務所
専門家末永司法書士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年5月30日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

あなたの財産を全て息子さんに贈与してしまえば当然あなたの財産が別れた夫にいくはずがありません。息子さんが15歳以上であれば遺言書を書けるのですが息子さんがさらに息子さんの気に入った人に贈与あるいは遺贈してしまえば別れた夫には行きません。
(以上遺留分減殺の問題はありますが)
また即刻手が打てるわけではありませんが息子さんが結婚しお子さんをつくってしまえばよいのですが。

税理士の回答

高山秀三税理士事務所
専門家高山秀三税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年5月30日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

息子さんが父親に相続させない旨の遺言書を書けば可能ですが、父親から遺留分の請求があったときは遺留分相当額は相続される可能性はあります。
 税理士 高山秀三

税理士の回答

長嶋佳明税理士事務所
専門家長嶋佳明税理士事務所(過去掲載の専門家)
回答日2009年5月30日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

田中祥子様
兵庫県芦屋市の税理士、長嶋と申します。

生前贈与をされるなら、お子様が結婚して、子供が生まれてからにしてはいかがでしょうか。
田中様ご自身に「もしも」のことがあったとしても、財産は別れた夫に渡らず、お子様が相続することになります。
今、生前贈与をされ、お子様に「もしも」のことがあれば、別れた夫に財産が渡りますので、リスク回避には良いと思います。

司法書士の回答

司法書士法人マザーズ法務
専門家司法書士法人マザーズ法務(過去掲載の専門家)
回答日2009年5月30日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

生前贈与のあと、息子様が結婚しているかどうかにより、異なります。
結婚していれば息子様の配偶者やお孫様に遺産がいきます。
しかし、独身の息子様がお母様や別れた夫より先に死んだ場合は、息子様の遺言の内容に拘わらず、別れた夫に遺留分を受け取る権利があります。
一度マザーズ法務司法書士事務所に相談ください。
土日でも相談ができます。ご都合の良い時間をお電話かメールでご連絡ください。
マザーズ法務司法書士事務所
司法書士 柴田行康
mothers@mo-legal.jp

税理士の回答

OAG税理士法人
専門家OAG税理士法人(過去掲載の専門家)
回答日2009年6月2日 回答率の高いおすすめの専門家に無料相談

遺言は相続時に、遺言者の遺産が遺言を受けた者に移動します。
生前贈与された財産は、贈与を受けた者の財産となります。

田中様のご質問ですが、誰の財産を誰に贈与し、また、その後、誰に相続させたくないのかを明確にして頂けると、具体的な回答が可能かと考えられます。

各質問への回答は、専門家の先生による個別の見解を掲載しており、その内容についての正確性や信頼性を当サイトとして保証するものではありません。あらかじめご了承ください。

遺産相続に関連する相続Q&A

調べてもわからない内容は弁護士などの相続専門家に直接相談しましょう。
相続ナビなら職種、対応地域、取扱業務などからあなたがお探しの専門家を検索して、
電話で無料相談できます。
親族・相続人の間でトラブルになる前に相談することをお勧めします。

キーワードでQ&A検索ができます。

専門家を検索する

地域から検索
相談したい内容から検索
職種から検索
取扱業務から検索
あなたの疑問を弁護士・税理士に無料で質問してみましょう。フォームに入力するだけで簡単に質問ができます。

質問する